BtoBマーケティングにおける動画活用のポイント

 2020.04.08  株式会社ヒューマンセントリックス

ビジネスにおける動画の重要性が日ごとに増しています。皆さんの周囲でも、マーケティング施策の一環で動画活用に取り組んでいる企業が多くなってきているのではないでしょうか?本記事でご紹介するのは、そんな動画をBtoBマーケティングで活用するためのポイントです。動画マーケティングといえばBtoC領域で一般的でしたが、最近ではBtoB領域でも積極的に活用されています。動画マーケティングの少しでも興味があれば、ぜひ参考にしてください。

BtoBマーケティングにおける動画活用のポイント

BtoBマーケティングにおける動画活用とは?

BtoB領域における動画マーケティングと聞いても、具体的な活用イメージが沸かない方も多いかと思います。まずは、どのような活用方法があるのかを整理していきましょう。

1. 営業活動

営業活動は限られた時間の中で、自社製品・サービスの魅力を存分に伝えるべき時があります。一般的にはプレゼン資料やカタログを活用しながら商談を進めますが、ここに動画を採り入れると効果的です。

1分間の動画はWebサイト3,600ページ分もの情報量があると言われており、さらに音と映像を交えることで顧客の印象に残りやすいコンテンツとして提示できます。また、製品・サービス情報の伝達をごく短時間で終わらせることで、顧客の課題ヒアリングなどコミュニケーションに重点を置くことが可能になり、営業効率も向上します。さらには営業の均質化を図ることが可能になります。

2. セミナー

従来のセミナーは講義とデモが中心となり、参加者のニーズを掘り下げながら実施されていました。しかし、その後のフォローアップが足りないことで多くの顧客を逃している事実があります。

セミナーを撮影した動画を後にDVDやWebで配布すると、参加者に振り返りを促し、ニーズを維持しながら案件化に向けた取り組みが行えます。また、やむなく不参加となった人にも配布することで、より多くの人に自社製品・サービスをアピールできます。最近ではテレワークを実施する企業も増えてきているため、ウェビナーや最初からレコーディングされたセミナーを提供する企業も増えてきています。

3. 展示会・イベント

展示会・イベントを開催する際に企業のコンセプトを伝えるような動画をコンパクトに流すだけで、参加者のモチベーションを高めることが可能です。また、展示会・イベントの様子を撮影してWebサイト上に掲載したりと、さまざまな活用方法が考えられます。

4. 採用活動

人材不足や採用難が常態化している現在、企業は事業活動の源泉となる人材採用に手間と費用を割かれすぎています。その一方で、人材のミスマッチを防ぐ必要があるため責任は重大です。

制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント
成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント

そこで、採用動画を活用して企業の事業内容や業務について正しく情報を伝えることで、求職者とのミスマッチを防ぐ効果があります。直接足を運ぶことが難しい求職者にWeb説明会を実施したり、Web上で24時間閲覧可能な状態にしたりするのも良いでしょう。

5. 教育研修・マニュアル

教育研修のEラーニング化が進む中、動画コンテンツは教育上有効な手段です。講義形式の教育研修動画を配信すれば、従業員はいつでも好きな時に教育を受け、振り返りも簡単に行えます。撮影したおいたセミナー動画などを教育研修に活用することも可能ですし、マニュアルを動画化して技術承継を効率良く行うこともできます。

6. IR活動

IR動画は、株主や投資家に向けて企業の経営状況や方向性をダイレクトに伝える効果があります。また、決算説明会の様子を撮影してWeb上に公開すれば、会場の雰囲気や内容を端的に伝えることもできます。コンセプト動画を活用して、IR活動効果を高めることにもつながります。

7. 事例・インタビュー

自社製品・サービスの魅力を伝えるために、事例・インタビューコンテンツを掲載する企業も多いでしょう。これを動画コンテンツで作成すると、本当の臨場感を生みながら製品・サービスの魅力を伝えることができ、閲覧者の具体的な検討を促すことが可能です。

8. グローバル展開

英語字幕やナレーションを入れた動画ならば、言語の壁を越えてさまざまな情報を伝えることができます。グローバル展開では動画を積極的に活用することで言語や文化等の言葉を越えてビジネスを推進でき、現地の顧客開拓や人材採用にも有効的です。また、海外の工場などの施設を動画化することで地理的に訪問が難しいユーザーにも真実を伝えることが可能になります。

9. Web掲載

Webサイトトップに事業コンセプトを伝えるような動画を掲載すれば、インパクトを大きくして訪問者にこのサイトをもっと見たいと印象を与えられます。また、前述した動画群を会員限定コンテンツとして提供することで、見込み客創出にも貢献します。

BtoBマーケティングにおける動画活用のポイント

上記のように、BtoB領域における動画マーケティングは多種多様に存在しています。ビジネス効果を高めるためには、特定のポイントを押さえる必要があります。それでは動画活用のポイントを整理していきましょう。

ポイント1. ビジネスコンセプトを明確に

BtoBマーケティングにおいて動画を活用する際にまず大切なことは、ビジネスコンセプトを明確にすることです。何のための動画活用なのか?動画を通じてどのような効果を期待するのか?などを明確にすることは、動画活用の指針を固める上で大切です。また、ビジネスコンセプトに沿った動画コンテンツの種類を正しく選ぶことで、ビジネス効果をより大きくできます。

ポイント2. ターゲットを明確に

次に、動画マーケティングのターゲットとなる消費者像・企業像を明確にしましょう。その際に有効的な方法がペルソナと呼ばれるものです。

ペルソナはいわば空想的に作り上げた消費者・企業の姿であり、企業が対象とするターゲットを具体的に掘り下げたものでもあります。ペルソナを作り上げてそれを基準に動画マーケティングを考えることで、ターゲットに対して適切な情報を適切なタイミングで伝えることができます。

動画マーケティングでなくともマーケティング活動全体での基本になるので、ペルソナのやり方を覚えておくと様々なシーンで活用できるようになります。

ポイント3. ターゲット目線での動画設計

動画マーケティングを成功させるには、常にターゲット目線での動画設計が必要です。その際に前述したペルソナが重要になります。常にターゲットの立場に立って動画設計をすることで、ターゲットが今欲している情報を知れます。

ポイント4. 適切な動画コンテンツを

動画コンテンツの種類は実に多様です。数万円程度で制作できるものから、1本1,000万円以上のハイクオリティな動画もあります。大切なのは費用対効果なので、ビジネスに適した最適な動画コンテンツを選ぶことで、動画マーケティングの効果を高められます。

BtoBマーケティングに動画を活用しよう

いかがでしょうか?BtoB領域における動画マーケティングは年々拡大しています。まだ取り組んだことのない方は、ぜひBtoB動画マーケティングをご検討ください。動画制作は経験豊富なプロフェッショナルに依頼することで、ビジネス効果を最大化する動画をスピーディに制作できます。BtoBマーケティングに動画活用を検討される際は、当社HCXまでぜひご相談ください。ビジネスの目的に合わせた最良の動画制作をご提案します。

動画制作に関するお問い合わせ

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画マーケティング」の最新記事


BtoBマーケティングにおける動画活用のポイント
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み