教育研修・Eラーニング動画制作

働き方改革も推し進める新しい教育研修方法

企業の事業発展において人材育成は、最も重要な要素です。動画教材を用いた研修は、場所や時間、講師の人件費の制約から解放されるだけでなく、学習効果も高めます。受講者である従業員やパートナーは、自分のペースでいつでもどこからでも講義を受講できるため、従業員やパートナーの満足度もあがるでしょうし、働き方改革を推し進めるツールにもなります。

より広く、より質の高い教育研修を実現

全国網でサービスを展開している会社にとっては、どの地域に対してもしっかりと情報を提供し、人材育成を定期的に実施したいというニーズはとても高いです。コンプライアンスや社内ルール、商品知識や最新技術や技術継承、そして接客対応やビジネスマナーなど。全国行脚し教育していくのも、研修担当者に余裕があれば可能でしょうが、時間とコストを考えると現実的には無理な会社が多いです。講座などを動画教材にして必要に応じて配信することで、全国の社員や店舗販売員に向けた教育に利用する。これまでやりたくてもできなかった質の高い教育を実現する手段として、動画の活用の範囲はさらに拡大しています。

教育動画紹介 3名の講師の紹介
PDCA研究所様

動画教材で伝わる動きやタイミング

「百聞は一見にしかず」「見て盗む」などの諺にも出てくるように、何かを理解したり習得したりする時には「見ること」が出来るというのはとても大切です。実際、教育研修の中にはテキストの情報伝達だけでは不十分な内容も多々出てきます。特に動きや動作を起こすまでのタイミングなどは、どんなに分かりやすいテキストでも伝えるのは困難です。ましてや、受講する側がテキストだけで理解するのはかなり無理があります。動画教材であれば、一連の動きをひと目で見ることができますし、必要に応じてスローモーションで見せることもできます。受講者は「見ること」で理解と習得が促進できます。

DNP働き方変革
株式会社シーイーシー様

受講する(学ぶ)までのハードルを下げる

日々の業務に追われる中で、紙媒体の資料を読み解くのは、受講する側にとって、どうしても荷が重く感じて、後回しにしてしまいがちです。全員が資料を読んでもらうだけでも相応の時間がかかってしまうということは多いと思います。その点、動画教材を見るだけというのは、視聴時間さえ確保できれば良いため、最初に取り掛かるまでのハードルを下げる効果があります。

Fisdom無料公開講座「YUBAピアノメソッド~心地よく弾く3つのイノベーション~」プロモビデオ
富士通株式会社会社様

媒体を使い分けて、更に質の高い教育研修を

教育研修に使う動画教材は、ポイントを押さえたシンプルに編集した動画にして、詳細については、後で紙媒体でも補足できるように準備するのがベストです。動画は紙媒体に対して、動きやタイミングを伝えることが得意で、圧倒的に多くの情報を伝えることができる反面、読み飛ばすことができにくい媒体でもあります。動画が得意なことは動画に任せて、紙媒体が得意なことは紙媒体に任せるという使い分けで、更に質の高い、目的にあった教育研修を組み立てることが出来るようになります。

何をどこまで動画に任せるのが良いかは、動画のプロである制作会社に相談すると良いでしょう。ヒューマンセントリックスが制作している毎月200タイトル以上の動画の中には教育研修動画の制作事例も豊富にあります。教育研修動画を作る際には是非ご相談いただければと思います。

ヒューマンセントリックスではB to B企業向け動画を
毎月200タイトル以上の制作をしております

制作実績一覧はココを
クリック

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

動画制作に関することなら何でもお気軽にご相談ください。