動画マーケティングとは?その基本を解説

 2019.07.10  株式会社ヒューマンセントリックス

現代社会では、インターネット上でコンテンツを活用したマーケティング活動が盛んに行われてきています。今では、Webサイトを運営していない企業はいないというほどですし、マーケティング活動の主流は完全にデジタルへと移行しています。

そんな中、特に注目されているのが“動画マーケティング”です。動画コンテンツを活用したマーケティング活動は、従来のそれと何が違うのか?なぜ動画マーケティングが重要なのか?本稿では、動画マーケティングの基本やメリットについて分かりやすく整理します。これから動画マーケティングを予定している方々や実際に実践しているけれども成果をもっと出したい方々はこの記事をご確認いただければ幸いです。

なぜ、動画マーケティングが注目されているのか?

読者の中には、インターネット上のコンテンツの中で動画を見かける機会が多くなった、と感じている方も多いかと思います。実際に、2018年の動画広告市場は前年比34%増と急激な成長を見せており、市場規模は1,843億円となっています。これが2024年には約2.5倍の4,957億円に成長するというのですから、動画コンテンツの成長は周知の事実と言えるでしょう。

引用:サイバーエージェント、2018年国内動画広告の市場調査を実施

動画マーケティングが注目されている背景には、①インターネット環境の整備、②スマートデバイスの普及、それと③動画コンテンツが持つ情報力が大きく関係しています。

インターネット環境の整備

Wi-Fiをはじめとする通信インフラの利用範囲が拡大し、通信料金の定額制が一般的に普及したことによって、動画コンテンツを視聴するためのインフラのボトルネックが完全に解消されています。YouTubeにおける動画再生時間はすでに月間10億時間を超えています。

スマートデバイスの普及

スマートフォンを中心にスマートデバイスが普及したことで、いつでもどこでも好きな時に動画を視聴できる環境が整っています。皆さんもカフェや電車の中で動画を見ることも増えてきているのではないでしょうか?昨今ではインターネットへのアクセス率において、スマートフォンがパソコンを超えるなどスマートフォン利用比率がかなり高くなっています。スマートフォンで動画コンテンツを視聴するユーザー向けにマーケティング活動を実施することが、今、大きな注目を集めています。

動画コンテンツが持つ情報力

動画コンテンツは映像に音声が加わります。1分間の動画コンテンツにはWebサイト3,600ページ分の情報量があると言われており、大量の情報を短時間で伝達できるというのが大きなアドバンテージです。また、動画コンテンツは多彩な表現によってユーザーに伝えるメッセージをガラリと変えることもできるため、多様なコンテンツの中で最も情報力が高いと言えます。

資料ダウンロード

動画マーケティングのメリット

従来のデジタル・マーケティングに比べて、動画マーケティングにはどういったメリットがあるのか?1つ1つ解説していきます。

低予算で始められる

動画マーケティングは他のデジタル・マーケティングに比べて予算が高額になりがちというイメージを持っている方も多いでしょう。しかし実際は、低予算で始められるマーケティング活動であり、必ずしも高い費用をかける必要がありません。また、Webサイトを持たなくてもYouTubeなどの動画配信プラットフォームを活用して動画配信が可能なので、運用コストも比較的安く抑えることができます。例えばヒューマンセントリックス では18万円からサービスを提供しています。弊社の動画制作の価格に関してはこちらをご確認ください。

デモ映像を流せる(訴求力)

テキストや画像だけで商品詳細を紹介するのには限界があります。一方、動画コンテンツでは実際に商品を使っているデモ映像などを流すことができるため、短時間で五感に訴えかけ、細部まで商品の魅力を伝えることができます。昨今では、デモ映像から直接商品を購入できる“動画コマース”も盛んに行われています。

配信先が豊富

動画マーケティングでは世界大手の動画配信プラットフォームであるYouTubeはもちろん、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNS、自社Webサイトなどさまざまな配信先があります。配信先が非常に豊富なので、1つの動画コンテンツを多方面で活用することができます。

動画視聴が生活の一部になっている

スマートフォンユーザーは若年層ほど1日の動画視聴時間が長くなる傾向にあります。近年ではBtoBユーザーにおいても動画がデフォルトになりつつあります。動画マーケティングは非常に高い効果があります。

こうしたメリットから、動画マーケティングには他のデジタル・マーケティングにはないメリットが多数あり、動画コンテンツを活用したマーケティング活動に大きな注目が集めっています。

こちらでもっと見る:動画マーケティングとは?その効果を解説

動画マーケティングの課題とは?

多数のメリットを持つ動画マーケティングですが、取り組みにあたっての課題もあります。それらの課題を知り、対策を立てることで動画マーケティングの効果を最大化していくことができます。

動画制作を行うスキルが無い

動画コンテンツを制作するにあたり、一番の課題がやはり「動画制作のスキル」です。動画マーケティングに取り組んだことがない企業の大半は、動画制作の経験がありません。そのため、どういった動画コンテンツを制作すればよいか、どのように制作すればよいかが分かりません。

この場合、方法は2つあります。

1つは映像制作会社に依頼することです。動画コンテンツの制作に実績豊富な制作会社に依頼することで、品質の高い動画コンテンツやビジネスに直結するような動画コンテンツを制作できます。弊社、ヒューマンセントリックス にお声がけいただくかたはこのようなお客様です。

もう1つの方法は、動画コンテンツ制作ツールを使用することで。市販のビデオカメラやスマートフォンで撮影した映像を編集することで、簡単に動画コンテンツを制作できます。動画コンテンツの目的や予算等に応じて選ぶことが大切です。

動画マーケティングのノウハウが無い

従来からのデジタル・マーケティングを実施してきた企業でも、動画マーケティングを実施するためのノウハウが無いというケースが多々あります。テキストや画像を主体としてマーケティング活動とは様態が異なるため、やはり動画マーケティングに特化したノウハウが必要になります。独学でノウハウを身に付けるか、映像制作会社のノウハウを吸収するというのが一般的な展開方法になるでしょう。

何を動画にして良いかわからない

弊社のお客様では、そもそも何を動画にして良いのかわからないというお客様も多数いらっしゃいます。弊社では企業活動はコンテンツの集合体と考えています。このコンテンツのほぼ全ては動画にすることができます。例えば営業活動で活用しているPowerPointも見栄えの良い動画にすれば営業活動の効率化に繋がります。また、会社案内、事例、人材採用、施設紹介、IR、ブランディング、マニュアル、研修などなど使い道を数え上げたらきりがありません。本当に重要なことはまず初めて、その効果を実感することに他なりません。もし、このような不安を抱えている方がおりましたら弊社までご相談ください。

これらの課題としっかりと向き合い、動画マーケティングを実施していくことが失敗せず、成功させるためのポイントだと言えます。

[RELATED_POSTS]

PDCAを回して継続的なマーケティング活動を!

最後に、動画マーケティングに欠かせない重要ポイントを1つご紹介しますと、ビジネスパーソンなら誰もが知る“PDCA”をしっかりと回していくことです。Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Act(改善)のプロセスを繰り返し行うことで、動画マーケティングを単発で終わらせるのではなく、継続的に実施可能なマーケティング施策にすることができます。

継続的な改善あってこその動画マーケティングですので、マーケティング活動の際は必ずPDCAを意識した運用を心がけましょう。また、動画・映像制作会社を選ぶ際は得意分野や実績等を十分に確認した上で、自社に最適な制作会社を選定してください。その際には弊社までお問い合わせいただけると嬉しいです。

動画制作に関するお問い合わせ

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画マーケティング」の最新記事


動画マーケティングとは?その基本を解説
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み