事例インタビュー成功の秘訣

 2018.12.28  株式会社ヒューマンセントリックス

企業が販売する製品やサービスには常に、実際の使用感に関する情報やレビューを求めているユーザーがいます。そうしたユーザーに向けて事例インタビュー動画を配信するのは非常に有効的です。より具体的な検討ができ、かつ事例インタビューを通じて製品やサービスの素晴らしさを伝えることができます。

当社ヒューマンセントリックスでは年間平均で1日1社の事例インタビュー動画の撮影および作成を行っております。それほど事例インタビューへの需要が高いということでしょう。

本稿を読まれている皆さんの中には、事例インタビュー動画を作成しようか検討していたり、どのような動画に仕上げればよいかと迷っている方が多いのではないでしょうか?

本稿では事例インタビューを成功させるための秘訣をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

事例インタビュー動画の役割

まずは、ビジネスにおいて事例インタビュー動画がどのような役割を持っているかを整理します。

インタビュイーの熱意を伝える

事例インタビューの特徴はインタビュイー(インタビューを受ける人)の熱意が伝染することです。特に自社製品やサービスへのロイヤリティが高いユーザーの事例インタビューでは、演技ではない熱意が映像越しで伝わるため、ユーザーの購買意欲を喚起しやすくなります。そのため事例インタビューでの人選はとても大切です。

リアルな声を発信する

レビューサイトが高いPV数を集めいてることから、多くのユーザーが他のユーザーの生の声を求めていることがわかります。特に最近ではインターネット上で製品やサービスを比較検討することが多く、実際に製品やサービスに触れなくても購入に至るケースが多々あります。そのため事例インタビューを通じてユーザーのリアルな声を発信することで、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

商品やサービスについて具体的な検討を促す

公式Webサイトには製品やサービスの特徴・利点を伝えることはできますが、それはあくまで提供側の視点で記述したものであり、ユーザーもそれを理解しています。インターネットユーザーは昔に比べて慎重な人が多いので、公式Webサイトの内容を鵜呑みにして購入に踏み切ることは少ないでしょう。事例インタビューにはそうしたユーザーに対して、具体的な検討を促す効果もあります。

低コストでの動画制作

製品やサービスの認知拡大のためにクリエイティブな動画を作成するためには多くの手間とコストがかかります。それに対して事例インタビューでは比較的少ない手間とコストで作成できるため、取り組みやすく効果的な動作コンテンツを活用することができます。

事例インタビュー成功のポイント

それでは具体的な成功ポイントを紹介していきます。

資料ダウンロード

Point1. インタビュイー選び

消費者向けの製品やサービスならアンケート調査を実施し、その中からロイヤリティの高いユーザーを優先的に検討します。製品やサービスに関する熱意を伝えるために欠かせません。ただし、すべての事例インタビューでそうしたユーザーを選んでしまうと、どこかうさんくささが生まれてしまうため、バランスを考慮して製品やサービスを客観的に評価できるユーザーの事例を取り入れることも大切です。

企業向けの製品やサービスの場合は、まず事例インタビューを見て欲しい企業像を決めてから、どの顧客企業がインタビュイーとして最適かをピックアップします。企業によっては事例インタビューを断る可能性もあるため、最初から複数顧客をピックアップしましょう。また、実際に製品やサービスに触れているキーパーソンを選定することで体験談や熱意が視聴者にじかに伝わりやすくなります。

Point2. インタビューのやり方

インタビュー中の成功ポイントとして意外と見落としがちなのがインタビューに対応する人数です。事例インタビューでは多い場合には3人で臨むことがあります。それぞれインタビュアー、撮影者、ディレクターといった役割です。大掛かりになればなるほどインタビューイーが緊張することが予測されるのでなるべく自然体で対応できるようにすることが大事です。そのためにはそれぞれの担当者が役割をきっちりと認識して迷惑をかけないようにします。

Point3. インタビューの撮影方法

一般的にインタビュイーはカメラに対して正面から視線を向けるのではなく、斜めから視線をずらすように撮影します。インタビュイーがカメラを正面から見据えている場合、視聴者に想像以上の圧迫感を伝えます。インタビュイーの視線が固定されたら次にショットを決めます。基本的にはミディアムショットで撮影しますが、インタビュー内容によってはアップショットを織り交ぜることで臨場感を加えて、製品やサービスの魅力をより伝えることが可能です。

当社ヒューマンセントリックスでは、事例インタビューの際に専用機材ではなくあえて一眼レフカメラを使用することがあります。これは「被写界深度の浅い動画」を撮影できるためです。分かりやすく言うと被写体以外の部分をぼやけやすくできるため、映画のような印象的な映像に仕上げることができます。

これに加えて背景情報が少なくなることで被写体に焦点が合いやすくなり、メッセージ性を強めることが可能です。

Point4. インタビューの質問

事例インタビューを成功させるポイントの1つとして大切なのが「質問内容」です。どういった質問をするかよりも、どのように質問していくかがポイントです。その方法としては「質問の拡張」が有効的です。

たとえば製品やサービスに対するある「考え」を聞き出さたら、それをどう「行動」に移しているのかに質問を切り替えます。さらには「気持ち」にまで質問を拡張していくことで、ユーザーが製品やサービスに抱えている考え等を掘り下げて質問することが可能です。

インタビューの質問は予め用意してインタビュイーと共有するのが基本ですが、流れの中でインタビューの中に用意していない質問を盛り込むことも大切です。そうすることでよりインタビュイーの本音を聞き出すことができます。

Point5. インタビューの事前準備

インタビューの質問もそうですが、事例インタビューを成功させるためには「事前準備」がとても大切で、事例インタビューの成功は事前準備が8割を占めていると言っても過言ではないでしょう。たとえば次のような事前準備を徹底します。

  • インタビュイーの選定と許可申請
  • インタビュー場所の確保
  • 機材を置く場所の確保
  • 機材搬入の経路確認
  • インタビューの内容を整理する
  • 動画の基本設計を考える
  • インタビューの目的を明確にする
  • インタビュイーに質問票を送付する
  • 撮影当日にスケジュールを決める

これらの事前準備を徹底することで当日の事例インタビューをスムーズに進行し、インタビュイーにも気持ちよく撮影に臨んでもらうことができます。

事例インタビュー制作ならヒューマンセントリックス

以上のポイントを徹底することで事例インタビューを成功させることができますが、やはり事前準備に手間がかかりますし機材も必要です。事例インタビューを制作したくてもリソースが足りずに悩んでいる企業は多いでしょう。その際はぜひ、当社ヒューマンセントリックスにご相談ください。

月間200本以上の動画制作実績を持ち、2004年の創業以来からビジネス活用に特化した動画制作ノウハウを多数積み上がています。前述のように1日1社の事例インタビュー動画を撮影および制作しておりますので、インタビュー動画成功のためのベストプラクティスを持っているのが強みです。

皆さんの事例インタビュー制作に関するご相談をお待ちしております。

動画制作に関するお問い合わせ

RECENT POST「動画マーケティング」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み