企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリット

 2020.06.16  株式会社ヒューマンセントリックス

テレビCMでは度々、会社の概略や製品・サービスに対する思い、事業内容などを紹介する映像が流れています。それらの映像は認知拡大やブランディング効果などを狙うものが多く、内容も凝ったものになっています。Web上でも企業紹介・会社紹介の目的で制作された動画が多く流通しています。おそらく大企業の多くの企業でコンセプトムービーや会社紹介動画をホームページ上に掲載していますし、中小企業でもそうした動画コンテンツの活用は拡大しています。

本記事でご紹介するのは、そんな企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリットについてです。会社について紹介するだけならテキストコンテンツで十分なのでは?と思われる方も多いでしょう。ここで、なぜ動画が効果的なのかをぜひ知っていだきたいと思います。

企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリット

企業紹介・会社紹介動画ってどんなもの?

まずは、企業紹介・会社紹介動画を分かりやすく理解していただくために、当社ヒューマンセントリックスが制作した動画コンテンツをご紹介します。

150周年記念 会社紹介動画 / 中沢乳業株式会社様

https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1906-009?fillter=1

150周年を記念する式典およびホームページで公開いただくための会社・歴史紹介のビデオをご依頼いただき、制作を担当させていただきました。写真データやお持ちの素材を活用し、うまくデザイン・レイアウトし動画として、動きをいれることで、創業の歴史や事業への思いを伝わりやすいよう、表現しています。また社長のメッセージや今のオフィスの内観・外観についてはイベント後、ホームページで公開し、サイトを訪問された方や入社を希望される学生の方へ見ていただくことで、会社理解の促進として活用されています。

会社紹介動画 / TES-AMM JAPAN株式会社様

https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1807-062?fillter=1

本動画では、動画コンテンツに使用する素材(パンフレットや営業資料など)、ナレーション原稿(600字、再生時間2分程度)をご用意いただいて、当社にて最適な形で表現しています。本件のように、制作のプロセスを一部お客様にもご協力いただくことにより、従来では実現が難しい価格帯にて高品質な動画制作を実現します。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

企業紹介・会社紹介動画を制作するメリット

では、企業紹介・会社紹介のためのホームページを公開するのではなく、動画コンテンツとして制作するメリットとは何でしょうか?

メリット1. 商品・サービスに対する信頼感の醸成

消費者・顧客は、この商品・サービスを生み出している企業はどんな企業なのか?が気になるものです。そして、企業の詳しい事業内容や経営者の人となりなどを理解すると、商品・サービスに対する信頼感が醸成される効果があります。こうした効果を狙う場合は、企業そのものだけでなく商品・サービスにも多少フォーカスしながら動画コンテンツを制作するのがポイントです。

メリット2. 抽象的なイメージを具体的に伝えられる

企業の経営ビジョンなどは、テキストで説明されるだけではイメージが伝わりづらいという欠点があります。そこで、動画コンテンツを活用して抽象的なイメージを具体的なものにして、明確に伝えることができます。そうした企業紹介・会社紹介動画は株主総会や会社説明会、Web等で用いられることも多く、株主や採用候補者、消費者に企業が持つ経営ビジョンを共有することができます。

メリット3. 施設紹介などで安心感を与える

手元にある商品がどのような施設で製造されているのか?これを知ることで、消費者や顧客に安心感を与えられます。特に食品業では食の安全性が度々問題になっているため、工場施設のデジタル見学会ができるような動画コンテンツを制作することで、食に対する安心感を大きく高められます。

メリット4. ブランドストーリーを知ってもらう

あらゆる企業に、そのブランドを確立するまでに至るストーリーがあります。それを魅力的に伝えることができれば、ファン層を拡大することに繋がり、ひいては売上向上やリピーター増加等のビジネス効果を生むことが可能です。

企業紹介・会社紹介動画を制作するポイント

上記のように、企業紹介・会社紹介動画には実にさまざまなメリットがあります。それらのメリットを最大限引き出すにはどのようなポイントを意識すればよいのでしょうか?

ポイント1. 多種多様な表現方法を知る

ひとえに企業紹介・会社紹介動画といっても実にさまざまなタイプがあります。インタビュー形式、芝居風、アニメーション、ドローン空撮など表現方法は多様です。そこで、各社の企業紹介・会社紹介動画でどのような表現方法が用いられているかをいくつか参考にしながら、自社の企業紹介・会社紹介動画に最適な表現方法は何か?を考えてみてください。直感的にイメージした表現方法が果たして適切かどうかを検討することが大切です。

ポイント2. 明確なターゲットを決める

企業紹介・会社紹介動画と聞くと幅広いターゲット層に向けて動画コンテンツとイメージされる方が多いかもしれません。しかし、動画を視聴する目的が違えばその視点も違います。たとえば株主と採用候補者がどんな視点で企業を見るかが違うように、ターゲット層に応じて視点というものがあります。それを踏まえて、明確なターゲットを決めて企業紹介・会社紹介動画を制作する方が、高いビジネス効果が得られる可能性があるでしょう。

ポイント3. ブランドイメージと突き合わせる

企業紹介・会社紹介動画は自社がどんな企業なのか?を伝えるのに最適なコンテンツです。経営ビジョンを株主と共有したり、会社説明会で職場環境を詳しく伝えたりすることもできます。しかし時に、企業のブランドイメージを崩してしまうケースがあることを忘れてはいけません。従って、企業紹介・会社紹介動画では常にブランドイメージと突き合わせながら、等身大の動画コンテンツを制作することが重要になってきます。

皆さんの企業では、企業紹介・会社紹介動画を制作されているでしょう?もしも「まだ」というのであれば、ぜひともこの機会に企業紹介・会社紹介動画の制作をご検討ください。ホームページへの掲載はもとより、イベントや営業活動でも活用可能な企業紹介・会社紹介動画があれば、ビジネスはもっとスムーズに進むはずです。

動画制作に関するお問い合わせ

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「会社紹介・施設案内動画制作」の最新記事


企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリット
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み