動画配信CMSとは?メリットと作成のポイントを解説

 2021.07.26  株式会社ヒューマンセントリックス

CTA

動画を活用したマーケティングが注目されており、多くの企業が動画配信を始めています。しかし、配信した動画コンテンツを管理するシステムがなく、動画を有効活用できないという声も多くあります。

動画配信ページをCMSで制作することで、自社サイトのコンテンツとして、動画を一元管理しながら配信する環境を作れます。本記事では、動画配信CMSのメリットや動画配信ページを運用する際のポイントなどを紹介します。

動画配信CMSとは?メリットと作成のポイントを解説

自社サイトとして動画配信ページを持つ意義

動画をマーケティングで利用するとき、CMSを利用して作成した自社サイト内に「動画コンテンツを配信する専用ページ」を設け、動画コンテンツの管理、及び適切な環境で配信を行う活用方法が注目されています。

動画コンテンツは視覚的に情報を訴求できるため、テキストや画像、音声よりも多くの情報をわかりやすく伝達することが可能となります。例えば、自社ブランドや経営理念といった抽象的な価値観も動画を活用することで具体的にわかりやすく提示できるでしょう。また、商品の操作方法といった複雑な情報も、動画を利用することで視覚的に伝えられ、サービスの理解促進につながります。

さらに、ウェビナーのチャット機能のように、オンライン上で動画を活用しながらコミュニケーションを取ることもできます。動画配信ページを自社内で保有し、動画コンテンツを財産として活用することで、ビジネスに大きく貢献するでしょう。

動画配信CMSの構成

動画配信ページには、さまざまな動画コンテンツを置くことが可能です。例えば、自社の紹介動画を設置することで会社案内として機能します。サービスや商品の紹介、開発秘話、商品へのこだわりなど、さまざまな内容の動画コンテンツを置くことで、ポータルサイトとしての役割を持たせることも可能です。

訪問したユーザーは動画を好きなタイミングで再生してもらえます。また、動画配信ページをCMSで管理することで「誰でも自由に閲覧できる」「会員としてアカウント登録したユーザーのみが閲覧できる」といったコンテンツごとの閲覧制限も可能です。そして、動画コンテンツごとに関連資料や関連ページへのリンクを付ければ、より効果的な情報発信へつながるでしょう。

また、視聴履歴やログイン履歴、登録情報、アンケート結果など、ユーザーの行動データもコンテンツから取得可能です。それらのデータを活用すれば、一層コンテンツの拡充に貢献するでしょう。

どんな動画コンテンツを配信できるのか?

動画配信ページで配信できるコンテンツは、セミナーやサービス案内、事例紹介、インタビュー動画など多種多様です。

さまざまな内容の動画を配信できますが、配信時は「視聴者視点」で構成された内容であることが重要です。例えば、会社紹介や講演動画などを配信するのであれば、講演者のプレゼンに併せて、パワーポイント資料を視聴者にとって見やすい画面構成で表示することで、質の高い視聴が見込めます。

また、事前に収録した動画コンテンツだけでなく、ライブ配信も動画配信ページから行えます。

動画に併せて、さまざまな情報を提供する

動画コンテンツは「動画だけを視聴する」だけでなく、「動画内で紹介しているサービス・商品に関連するページリンク」や「関連資料の添付」、「類似コンテンツの提示」や「別のサービス情報の紹介」などまで可能です。

後述のライブ配信であれば、視聴者からの質問を直接受け付け、動画配信者からメッセージを送ることもできます。さらに、配信内で紹介したサービス等に関連する情報をダウンロードしてもらうことも可能です。これらのコンテンツは動画配信CMSで一元管理できるため、運用も手軽に行えます。

視聴者とのより直接的なコミュニケーションへ

動画配信ページでは、ライブ配信をすることも可能です。ライブでは、リアルタイムで視聴者と直接コミュニケーションを取り、生の声を聞くことができるため、課題点の改善やサービスの品質向上などにつながります。

ライブイベントの開催

自社サイトでライブイベントを配信することで、自社商品やサービスへの訴求をリアルタイムで行うことができ、興味関心を抱いてもらえます。

ライブイベントのメリットは、最新情報を視覚的に発信できることです。新サービスや新製品の開発状況やリリース情報を的確に伝えられ、親近感を抱いてもらうことも可能です。顧客との関係性を直接的に構築できるため、定期的にライブイベントを行えば、顧客をつなぎとめる効果も期待されます。

従来ならリアルな現場で開催していた講演会やセミナー、IRイベントもライブ配信で行えます。オンライン上で実施できるため、大幅なコスト削減も見込めるでしょう。

また、社内向けイベントにもライブ配信は活用されています。複数拠点がある企業であれば、移動費のようなコストを削減しつつ、研修や会議を行えます。

質問をリアルタイムで受けられる

ライブ配信では、視聴者がチャット機能を使って登壇者に直接質問ができます。登壇者は視聴者からの質問を確認しながら、その場でダイレクトに回答することも可能です。また、あらかじめ用意しておいたメッセージを任意のタイミングで配信できます。

リアルタイムでのやり取りは視聴者に高い満足度を与えることへつながるため、商品・サービスに対する関心も高くなるでしょう。そして、視聴者の生の声を収集できるので、企業にとってもプロモーション活動や品質改善、新規サービスの開発などに大いに役立てられます。

動画配信CMSを利用するメリットと注意点

CMSで作成した動画配信ページは、動画コンテンツを発信するだけでなく、多くの情報を収集し、企業の営業活動へ活かすことが可能です。しかし、動画コンテンツは公開したら必ず多くの人に見てもらえるわけではありません。継続して視聴してもらうためにプロモーション活動をする必要があります。動画配信ページを運用するメリットと注意点を理解しておくことで、効果的な動画配信を実施できます。

顧客情報の収集し、営業へ活かせる

動画配信ページは、コンテンツ視聴のためにアカウント登録をしてもらうことで、顧客情報の取得が可能です。ライブ配信を行う場合も同様で、会員制や事前登録制にすることで顧客情報が獲得できます。さらにチャットや質問フォームを設置すれば、顧客のパーソナルな情報も集まるでしょう。

動画コンテンツを閲覧しているユーザーのログイン履歴やチャット履歴だけでなく、「どのコンテンツを見ているのか」「どのリンクをクリックしたのか」「閲覧しているデバイスや場所・時間」などのデータも収集可能です。また、アンケート機能を利用すれば、課題解決に有力なデータや顧客の満足度などを知ることができるでしょう。

こうして収集したデータをスプレッドシートなどに出力し、顧客の行動を分析することで営業活動に活かせるでしょう。

動画コンテンツを継続して視聴してもらうために

動画コンテンツを継続して視聴してもらうためには、マーケティングが必要不可欠です。集客活動を行い、動画配信ページへの流入数を増やすことで継続的な視聴が可能になります。

集客方法は多数ありますが、代表的なものを列挙すると、「検索行動を分析し動画へ到達してもらえるようにコンテンツを作成する」「メディアサイトに記事コンテンツを掲載する」「プレスリリースをする」「Web広告を出稿する」「SNSで動画コンテンツに関する情報の発信をする」「メールマガジンで最新コンテンツの情報を提供する」といったプロモーション活動があります。

また、動画の品質改善も必要です。「動画視聴後のユーザーに対してアンケートを実施する」「チャットや質問フォームを設置し、生の声を集める」「ユーザーの行動データから視聴を止めてしまう要因を分析する」といったように、問題点を抽出し、改善を行うことで動画コンテンツのクオリティを上げましょう。視聴後の顧客フォローも合わせて行うことで、顧客満足度の向上が見込めます。

視聴条件が会員制・登録制である場合、動画コンテンツのメリットを訴求するランディングページへの集客を実施し、登録フォームまで誘導する必要があります。このとき、お試し用の動画を提供することで具体的にどういったコンテンツが配信されているのかをイメージしやすくなり、登録のハードルを下げることに貢献します。

ヒューマンセントリックスの動画配信CMS支援

動画配信CMSを導入したい、動画配信を自社サイトで管理・運用したいといった場合、動画制作から配信までの支援を行なっている専門業者へ依頼するのも1つの手です。

ヒューマンセントリックスは約2,000社、50,000タイトル以上の豊富な動画制作実績があり、動画配信CMSに関しての制作支援を行なっています。動画制作や動画配信ページの構成だけでなく、ページへの集客から会員登録、視聴までの流れを一貫して対応可能です。ターゲットを絞り込んだプロモーション支援や、適切な視聴データ取得のサポートも行っています。

また、ライブ配信の支援にも対応しており、配信目的に適したシステム構成のフォローだけでなく、視聴者から寄せられたコメントや質問をCSVファイルとして一覧化もしてくれます。CSVファイル化により分析しやすくなった顧客データは、営業活動や商品開発などに活かせるでしょう。

CMSで作成した動画コンテンツページを効率的に運用するには、自社の目的を明確に持ち、それに合わせて動画を作成するだけでなく、集客やアフターフォローにも気を抜かないことが重要です。実績豊富なヒューマンセントリックスなら、万全の体制で動画配信CMSの運用サポートが可能でしょう。

まとめ

動画がマーケティングで重要視され、多くの企業が導入する中、動画配信CMSは自社の動画コンテンツを一元管理し、適切に配信を行えます。動画配信ページは、動画だけでなくテキストコンテンツや関連資料、ページのリンク、問い合わせフォームなどを設置することが可能です。

さらにライブ配信も自社サイト内で実施できます。チャットや質問フォームを設置することで、リアルタイムに顧客や視聴者たちとコミュニケーションを取れる環境が整うでしょう。そうしたやり取りを行いつつ、顧客情報や視聴者の行動データを分析すれば、営業活動にも大いに活用できます。

動画配信CMSを導入する際は、専門業者にサポートを依頼するのもおすすめです。ヒューマンセントリックスは、動画制作から配信サポート、集客やデータ収集まで、ワンストップで支援が可能です。動画を使ったマーケティングを考えている場合は、ぜひ検討してみてください。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画マーケティング」の最新記事


動画マーケティング

動画配信サービス8選 | 機能や価格を比較

動画マーケティング

動画の配信:Live配信とオンディマンド配信

動画マーケティング

オンデマンド配信とは?ライブ配信との違いについて解説

動画マーケティング

動画配信とは?3つの形式の得意・不得意を理解する

動画配信CMSとは?メリットと作成のポイントを解説

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事