動画配信プラットフォームおすすめサービス 24選を比較

 2018.08.13  株式会社ヒューマンセントリックス

動画コンテンツがビジネスにもたらすインパクトは、すでに様々な調査や研究から明らかになっている事実があります。たった1分間の動画の情報伝達量は、Webページ3600ページの情報を伝えられることから動画の有用性はおわかりいただけるでしょう。

今回ご紹介するのは、そんな動画コンテンツを活用するための動画配信プラットフォーム24選です。

「動画は作ったのは良いけれどもどこに置けば良いのかわからない」などという方はぜひ参考になさってください。

良質な動画コンテンツを制作しても、それを適切なプラットフォームで発信できなければ高い効果は発揮できません。中小・大企業向けの動画配信プラットフォームと、安価な動画配信プラットフォームに分けてご紹介するので、その中から最適な一つをぜひ見つけてください。

中小・大企業向け動画配信プラットフォーム

1. NetAttend

当社ヒューマンセントリックスが提供する、営業志向型の動画配信プラットフォームです。そのため多彩なマーケティング機能を備えたプラットフォームでもあり、ライブ配信でのセミナーや受講者との1対1の商談の場としても活用できます。初回閲覧時に登録された顧客情報は一元管理され、リマインドメールやフォローアップなど様々なマーケティングに活用可能です。主に同社で動画制作を行った企業向けに提供されるサービスですのでコンテンツ制作だけでなく活用まで考えている方は同社に相談すると良いでしょう。

2. LePMOS

こちらは当社ヒューマンセントリックスが提供する採用活動志向型の動画配信プラットフォームです。昨今、顧客の購買行動がデジタル化しているように、採用活動もデジタル化している時代です。LePMOSはWeb上でセミナーを開催したりアンケート機能を駆使して、企業が本当に求める人材とのつながりを支援しています。主に同社で動画制作を行った企業向けに提供されるサービスですのでコンテンツ制作だけでなく採用活動全体を効果的にしたい方は同社に相談すると良いでしょう。

3. Bizlat

パッケージ化された動画配信プラットフォームに独自の機能を加えていきながら、自由にカスタマイズできるプラットフォームです。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアとの連携も可能です。

4. Bizビデオシェア

パソコンとWebカメラがあれば誰でも簡単に動画コンテンツを制作でき、かつ気軽に配信できるのが特徴です。費用も月額固定なので、予算面に注意しながら運用できます。

5. J-Stream Equipmedia

CDN(コンテンツデリバリネットワーク)経由でセキュリティを保ちつつビジネス向けに特化された機能を提供する動画配信プラットフォームです。動画にアクセスしたユーザーの端末に合わせて最適なビットレートおよび解像度で動画を再生するため、全てのユーザーが快適に動画を視聴できます。

6. Mediatope

広告挿入では配信している動画コンテンツの好きなところに広告動画を再生することができ、YouTubeなど動画配信プラットフォームの広告サービスを活用せずとも独自の広告展開が可能です。

7. millvi

動画配信プラットフォームの中でも多機能を提供するサービスの一つです。集客や口コミ効果が期待できるソーシャルメディア連携も可能なので、TwitterなどのSNSを活用した動画コンテンツビジネスを展開できます。

8. MOOGA

「見せたい動画を、見せたい人へ」をコンセプトにした動画配信プラットフォームです。特徴はシンプルなプランおよび料金設定でしょう。保存容量、月間転送量、アカウント数によって料金が明確に分かれています。

9. necfru Media Cloud

企業の要望に応じた最適な動画配信プラットフォームを構築するため、料金が一定ではありません。月額固定の料金は無いものの、環境に合わせて最適なコストで導入できるというのが特徴です。

10. P-stream

月額9,800円~というリーズナブルな動画配信サービスです。もちろん動画コンテンツ活用の目的に合わせて上位プランを利用することで、高度な機能を活用できます。CDN経由なのでセキュリティ面も安心であり、社内向けの動画配信プラットフォームとしても導入できます。

11. ULIZA

動画コンテンツの配信や動画広告の配信、あるいは動画コンテンツを使用したサービスの提供など幅広い領域で活用できる動画配信プラットフォームです。視聴動向分析も提供しているので、マーケティングとしても活用できます。

12. ギガキャスト

ライブ動画配信に特化した動画配信プラットフォームです。遠方へのセミナーや企業説明会などで使用されています。高画質にこだわっている点がポイントです。

13. クラストリーム

2倍速の早送りでも音声がハッキリと聞き取れる「聞こえる倍速」機能を備えているのが特徴です。そのため再生時間の長い動画コンテンツでも、効率良く視聴することができストレスを感じません

14. ストリーミングジャパン

動画配信の目的に応じていくつかの動画配信プラットフォームを提供しています。導入要件が細かい部分はありますが、その分細かいニーズに対応できると言ってもよいでしょう。

15. ビアプラッツ

高度なセキュリティを売りにしている動画配信プラットフォームなので、機密性が高い動画の配信に最適です。社長講話など大規模ライブ配信も可能で、製造業や外食産業など業種と問わず幅広いシーンでも活用できます。

16. メガDOGA

SSL通信によりセキュリティを確保し、大規模な動画コンテンツ配信も可能な人気の動画配信プラットフォームです。オンデマンド配信とライブ配信のどちらにも対応しており、会員認証機能などで特定の会員にのみ動画コンテンツを配信することも可能です。

17. Vimeo

HDR対応の4K Ultra HDで動画をアップロード、完全広告フリーで動画を公開・管理が可能なツールやプロのライブ配信プランなどが特徴です。

18. Wistia

動画計測機能やマーケティングオートメーション ツールとの連携に強い動画配信プラットフォームです。動画の効果測定などを細かく行いたい企業は検討すると良いでしょう。

格安動画配信プラットフォーム

19. Ustream

不特定多数に向けたライブ配信を基本とした動画配信プラットフォームです。1動画あたりの視聴数に制限がなく、録画機能もあるので動画コンテンツを別のところで活用することも可能です。

20. YouTube

不特定多数に向けた録画配信を基本とした動画配信プラットフォームです。世界で最も使用されているプラットフォームでもあるので、ブランド認知を目的とした動画コンテンツを配信したり、広告配信など様々な取り組みが可能になっています。

21. あんどぅらく

録画配信を前提として動画配信プラットフォームです。動画配信の種類はFlash形式、Windows Media形式のいずれかもしくは両方が利用可能です。 

22. ディグストリーム

Windows MediaとQuick Timeの2大プレイヤーに対応しており、月額800円~と非常に格安で使用できる動画配信プラットフォームです。マルチビットレート対応なので視聴者の帯域環境を自動で割り出して、最適な状態で動画コンテンツを届けます。

23. ビデオグ

パソコン、スマートフォン・タブレット、携帯電話3キャリアに対応している動画配信プラットフォームです。基本プランでは容量が少ないですが必要に応じて拡張が可能です。

24. ワーログ

Flashによる録画配信専用の動画配信プラットフォームです。配信時間は3分を基本として、3分以上の動画配信では別途オプションサービスが必要です。

まとめ

動画配信プラットフォームは、何を選ぶかによって施策方法も違います。そのため事前に動画コンテンツの活用計画を立てて、それに応じた動画配信プラットフォームを選びましょう。

制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
動画制作に関するお問い合わせ