動画活用シーン100選 !ビジネスの成長を加速するアイデア集

 2022.02.02  2022.09.28

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス

20年近く動画制作をおこなってきたヒューマンセントリックスでは、動画を通じてお客様のビジネスに貢献してきました。

ここ最近ではビジネスを成長させるために動画を活用するケースが急速に増えていると実感しています。

その一方で動画を活用するシーンは無限にあります。弊社の動画制作の依頼をみてもその目的は多様化しつつあります。動画を活用したいというお客様にとって、その利用シーンの多さに圧倒されてしまうかもしれません。

本記事では、企業がビジネスを成長させるために役立つ動画活用シーンを100のアイデアとしてまとめましたのでご確認いただければ幸いです。

動画制作・配信ならヒューマンセントリックス

業界トップクラスの動画制作・配信実績には理由がある。
高品質な動画を低価格で実現し、企画から撮影、制作、配信、そして納品まで万全な体制でお客様をサポートします。

動画制作・配信ならヒューマンセントリックス

詳細はこちら

マーケティング編

1. ホームページ動画

企業ホームページには、さまざまな情報を発信するためのコンテンツがあります。そのコンテンツも単なるテキストから、より動きのある動画を掲載することで訪問者にインパクトや理解を与えることが可能になります。

たとえば、製品やサービスを訴求させるための企業ブランディング動画を掲載したり、価値観や行動指針などを含めたミッション・ステートメントを動画で伝えることで信頼へと繋げることが可能になります。

動画はデジタルと相性が良いため、今回ご紹介する動画のアイディアのほとんどはホームページに掲載できることでしょう。訪問者の期待に対して動画を提供する必要があるため企業のスタイルやブランドを整えながら数分で内容を凝縮させることに専念することをお勧めします。

2. ランディングページ

ランディングページは、戦略的に訪問者を誘導するためのウェブページです。多くの場合、入力フォームや誘導バナーとセットになっており、訪問者にアクションを促すことを目的にしています。

そのランディングページにテキストや静止画に加えて動画を掲載することをおすすめします。私たちの調査では、ランディングページにメッセージを簡潔に伝える動画を掲載することで、よりコンバージョン率を高めることがわかっています。

3. ブログ

最近、企業ブログを掲載する企業が増えてきています。戦略的かつ積極的に情報を発信することで見込客に安心を与えたり、顧客化するためのインバウンドマーケティングを実践しています。

そのブログ記事に動画を掲載することで、訪問者を自社の目的達成のためにより深い醸成を行うのに役立ちます。また、直帰率を低減させたり、訪問者が動画を閲覧することで滞在時間を増やしたりとSEO効果を高めることも可能です。

4. 御礼動画(Thank you ビデオ)

御礼動画は、ホームページなどでお問い合わせや資料請求をいただいた直後に閲覧いただく動画のことです。ユーザーは、より親しみやすいと感じてくれます。そのため良い効果をもたらすことでしょう。あなたのウェブサイトを訪問してくれた視聴者に感謝するとともに、より密接な関係を築く方法とお考えください。

5. 購読中止動画

一般的に動画はウェブサイトのページで訪問者のコンバージョンに役立つようにすると考えがちです。しかし、時には情報発信を好まないユーザーもいることでしょう。そのようなユーザーはメールなどの案内の購読を中止します。このタイミングにも動画で良い印象を残すことを考えてみてはいかがでしょうか。例えばメールなどの配信停止ページに動画を掲載することで、視聴者の気持ちを変えるきっかけを作ったり、良い印象を残すことで再訪問してもらえる可能性も高まることでしょう。

6. 再購読動画

購読中止動画とセットにして考えたいのが再購読動画です。再登録をいただいたお客様に動画で感謝の気持ちを伝えることで印象を大幅によくすることが可能になります。購読中止動画とセットで考えることをお勧めいたします。

7. 404ページ動画

404ページ動画

見落としがちなページの一つに404ページがあります。404ページは、ユーザーが意図したウェブページに訪問したときに、そのページが存在しない場合に表示されます。その原因は多岐にわたりますが、探しているものが見つからないというだけの印象を与えることは失礼にあたるかもしれませんし、企業にとっては損失となります。

残念がる視聴者に対して404ページに動画を設置することで、視聴者と企業を繋ぎ止めることに役立てましょう。

8. 多言語動画

動画を作成する際に母国語で作ることを優先的に考えることでしょう。しかし、ビジネスがグローバル化する昨今、多くの言語に対応することが重要です。その方法として2つのパターンが存在します。音声そのものを多言語化する方法と字幕で多言語化する方法です。前者の音声を多言語化することが難しい場合には字幕を入れることで対応すると良いでしょう。

9. 会社紹介動画

どのような会社なのかを分かりやすく伝えることが求められています。企業の理念やビジョン、社会における価値などをお客様に正しく理解してもらうことは、安心感や信頼感につながります。自社がどのような会社なのかを動画でコンパクトにまとめることはもはや当たり前と言えるでしょう。

会社紹介動画制作例

株式会社エネックス 会社紹介動画
実際の業務を知る所から始まり、シナリオ制作から撮影、動画制作まで弊社で制作をしております。エネックス様のご協力のおかげで撮影シーンにもこだわることが可能となり、さらにアニメーションを使った説明を加えることで、インパクトと分かりやすさを両立させた動画が完成しました。

10. 商品/サービス紹介動画

企業において商品やサービスの価値をわかりやすく魅力的に伝えることは、日々の企業活動において最も重要な要素の一つです。営業担当者が対面で説明したり、マーケティングがセミナーなどを通じて商品やサービスを紹介することに加えて、情報伝達力や表現力の高い動画をこれらの企業活動に取り入れることで、あらゆるシーンで商品やサービスの良さを最大限に伝えることが可能になります。

特にBtoBビジネスにあるような伝え方が難しい無形商材や複雑かつ高度な機能商品などであっても、表現力豊かな動画を活用すれば、商品やサービスを魅力的にわかりやすく伝えることができます。

11. 事例動画(お客様の声)

商品やサービスを導入いただいた既存のお客様の声を映像に残してみてはいかがですか?これから商品やサービスの導入を検討する見込客は、自身が導入したらどうなんだろう?本当に効果があるのかな?など不安を抱えています。

その際には導入事例をしっかりと伝えることで安心感を与えることに貢献します。事例動画は提供する真の価値をお客様目線で確認できるため、迷いを解消し関係強化を促進できることでしょう。

導入事例インタビュー動画について

製品・サービスにおける導入事例は、営業としては最強のツールになります。自社のことを自社の人間が語っても手前味噌になりますし、説得力に欠けることがあります。実際にサービスを利用した感想、選定の理由などをお客様に語っていただくことで、説得力が増し、同じ内容でも伝わり方が大きく変わります。
詳しくはこちらのブログで解説しています。
導入事例インタビュー動画について

12. ハイライトリール

ハイライトリールとは、作成した動画の一部を精選しまとめ上げたものです。例えば、事例動画が複数になってきたら、お客様の声のみを切り取りまとめることで、複数のお客様の声を一気に伝えることが可能になります。

このお客様の声のハイライトリールをサービス紹介ページなどに配置すれば、お客様はより安心して購買プロセスへ進んでくれるでしょう。

13. イベントプロモーション(イベント紹介動画)

企業は販売促進などを目的にセミナーやイベントなどを行うことが多いものです。せっかく実施するイベントですから、多くのお客様にご参加いただくことが望ましいのは言うまでもないありません。

オンラインやオフラインを問わず、企業が企画するイベントは多くの人と触れ合える最大のチャンスです。イベントの内容や講師の紹介、ハイライトなどを説明した動画を作成することで、そのイベントの話題作りや集客に役立てることができるでしょう。

14. オープニング動画

最近ではオンラインでのセミナーが主流になりつつありますが、オンライン・オフライン問わず有効な動画としてオープニング動画があります。オープニング動画とは、セミナーの開始時に視聴者にお届けする動画です。

オープニング動画を作成することで視聴者の気持ちを高めたりセミナーのメッセージを的確に伝えることが可能になります。

オープニング動画制作例

株式会社システムインテグレータ LIVE配信_オープニング動画
株式会社システムインテグレータ様の運営する、PG BATTLEインターネット結果発表会のライブ配信、 オープニング動画編集、解説動画撮影・編集を行いました。 ライブ配信時の映像で、配信の始まりを盛り上げるよう印象に残りやすい内容で制作しました。

15. イベントの振り返り動画(事後動画)

イベントの内容を録画してハイライトを編集することで見逃した方々のために情報を伝達することが可能になります。これらの動画は次回のイベントの集客に役立てることも可能になります。

16. 展示会動画

企業における展示会への出展は新規顧客獲得のため重要なマーケティング施策という位置付けです。人がひしめく展示会場でいかに人の目を引き関心を集めるか、そして商談機会を増やすかは展示会の成功を左右します。

そのような場合に人の目を引きやすい動画を活用することで、自社展示ブースへの集客に加えて、商品やサービス紹介を短時間で適切に行えるでしょう。 また、セッション内容全てを動画として残して登録参加可能なオンデマンド配信をすることで、一過性のイベントにおわらず鮮度が保たれている間は常にユーザーにリーチできることが魅力です。イベントの際には必ず動画撮影することをおすすめします。

展示会用動画制作例

株式会社マクニカ バーチャル展示会向け動画コンテンツ
株式会社マクニカ様が提唱するオフィスをDX化するためのAIソリューションの具体的な活用例を紹介されています。

17. プレゼンテーション動画

営業活動のプレゼンテーション(説明)の一部を動画に説明してもらうことができます。これまで営業活動で使える基本的なツールは、資料やカタログでした。毎日数件の営業活動を行うと、お客様は違えども、説明内容は同じトークの繰り返しになっていきます。

繰り返し話す内容を動画に説明してもらえば、営業活動の生産性が一気に上がりますし、新人営業マンも、ベテラン営業マンと同様の品質で説明をすることができるようになります。どんなお客様にも共通する説明を動画に任せれば、お客様それぞれに話すべき内容に注力した営業活動ができます。

また、BtoB企業にとって、プレゼンテーションをするのは、営業担当者だけでなく、どの部署においても、何かしらのプレゼンテーションは必須となっています。実際のプレゼンテーションに、短く整理された動画を交えることで、説明が分かりやすくなるだけでなく、プレゼンテーションの流れをスムーズになり、タイムマネージメントもしやすくなります。

リモートワークが一般化するニューノーマル時代において、様々な場面で利用できるプレゼンテーション動画は、企業活動を円滑にするツールとして広く活用いただけます。

プレゼンテーション動画制作例

オートデスク株式会社 ユーザー単位管理プラン メリット紹介動画
オートデスク株式会社様より、従来のシリアル番号単位のプランを終了に伴い、 2020年5月よりサービス開始されたユーザー単位管理プランへの移行促進を目的とした、 メリット訴求動画の制作をご依頼いただきました。

18. Zoomウェビナー(オンラインセミナー)

DXや働き方改革、パンデミックなどの影響もあり、多くの企業がリモートワークを推奨するようになりました。このような背景からZoomのライブ配信機能を活用したオンラインセミナーが取り入れられています。

場所の制約から解放されたオンラインセミナーは、費用対効果の高い手法として多くの人々にアピールする手法の一つと言えるでしょう。

関連サービス:動画配信サービス

19. オンデマンドウェビナー(セミナーアーカイブ)

対面式セミナーであればZoomなどを活用したオンラインセミナーであれ、その情報は録画をして動画として残しておくことが重要です。その動画をホームページなどに掲載すれば、見逃してしまった人や新たに興味を抱いた人がメッセージを確認できるようになるため情報伝達機会を大幅に高めてくれることでしょう。

オンデマンドウェビナー動画制作例

富士通株式会社 SAP S/4HANA マイグレーションセミナー 講演
富士通株式会社様では、SAPジャパン様主催のイベント「S/4HANA マイグレーションセミナー」にて講演されました模様をオンデマンド収録し再配信されています。

20. ブランディング動画

ユーザーが商品やサービスを購入する際、機能や価格だけでなく、ブランド価値が購買行動へと大きく影響します。企業はブランド力を高めることで、ユーザーから共感や信頼感を得ることが可能となり、意思決定を迅速化させ購買行動へと誘います。

そのため理念やビジョンをブランディング動画という手法を用いて訴求することが企業価値を高める最良の手段として必要なのです。ブランディング動画は、企業の世界観を演出する上で最適なものです。映像を通じて見る人の共感を得て心を動かします。

21. プロモーション動画

短時間で伝えたいことを的確に伝えられるプロモーション動画は、販促活動における有効な手法です。情報が爆発的に増え続けるインターネット社会やリアルな現場において、ユーザーが立ち止まりもせず瞬時に見捨てられるコンテンツでは企業競争力は存在しないのと同等です。

ユーザーの目を引き、足を止めてもらうためには動画が効果的と言えるでしょう。オンライン・オフラインともに動画を活用することで見てもらい、納得してもらい、そして、購買してもらうというサイクルが加速します。

プロモーション動画制作例

ゆこゆこホールディングス株式会社 温泉地プロモーション動画
全国各地の温泉地を、広告・メディアを通じて紹介、お得な予約までを行えるゆこゆこホールディングス様では、各地のプロモーションのひとつに動画をご採用頂きました。

22. レビュー動画

提供するサービスや製品によっては、お客様がレビュー動画を作成しているケースもあります。多くの見込客にとって実際に利用しているシーンは興味があるものです。お客様のレビュー動画を作成して体験を共有する機会を探ってみてはいかがでしょうか。

23. ビフォーアフター動画

大きな変化を遂げたプロジェクトがあった場合には、ビフォーアフター動画は非常に魅力的で強力なメッセージの訴求につながります。商品やサービスの導入を検討しているお客様が、導入後に実際どのような体験が得られるのかの想像をしやすくなることでしょう。

24. デモンストレーション動画(デモ動画)

製品販売などを行なっている場合には、実際に見てみたいという要望を受けることも多いのではないでしょうか。デモビデオを用意すれば、いつでもどこでも動画でデモをご覧いただくことが可能になります。

例えばソフトウェア販売の場合には、エンジニアがその場にいなくても営業自ら動画を再生することで商談を前向きに進めることが可能になります。もちろんホームページ上に掲載しておくことで、より多くの見込客がデモを確認することが可能になります。

デモンストレーション動画制作例

Slack Japan 株式会社 Slack for Sales 営業向けSlack紹介デモ動画
営業の方へ向けて、Slackを活用するとどのようなメリットがあるのかを訴求する目的でデモ動画制作の依頼をいただきました。 あらかじめお客様にてデモを収録いただき、弊社にて字幕・デモ内の赤枠を入れ編集を進めました。

25. ブランドストーリー/カンパニーストーリー動画

製品やサービスそして企業の生い立ちなどをまとめた動画をブランドストーリー/カンパニーストーリー動画と言います。ブランドストーリーやカンパニーストーリー動画は、視聴者に大きな影響を与えることができます。商品単体ではなく、その背景などのストーリーを理解していただくことで気持ちよく、そして安心して購買してくれる可能性が高まります。

このブランドストーリー/カンパニーストーリー動画は、新しい訪問者に大きな影響を与えることが可能になるためウェブサイトに掲載すると効果的です。今、提供している価値がどのような背景で作られてきたのか、生まれたのかをしっかりと伝えましょう。

26. トークショー/座談会動画

トークショー/座談会形式の動画もユーザーを引き込むのに有効です。例えば有識者たちが熱心に議論をしている場合には、その領域に興味のあるユーザーであれば真剣に確認してくれることでしょう。この形式の動画はシリーズ化することでより多くのファンを増やすことが可能になる特徴があります。

27. BTS(ビハインド・ザ・シーン)動画

BTS(ビハインド・ザ・シーン)動画は、カメラの裏側で何が起こっているのかを見せる手法です。熱い思いやドラマティックな背景などを表現しやすいため、共感を得やすくなります。実際の社内で起こっている熱い思いを伝えてみてはいかがでしょうか?

28. アンボクシング動画(Unboxing)

アンボクシング(Unboxing)とは、入手したばかりの製品を箱から取り出す行為を表す英語のスラングです。日本語ですと「開封の儀」と表現されます。この箱から取り出す様子を動画で撮影しYouTubeなどで掲載することで膨大な再生回数を稼ぐ可能性があります。商材にもよりますが、このような手法もあることをご紹介しました。

29. ストーリーテリング動画

ストーリーテリング動画はエピソード型のコンテンツです。映画やドラマを思い浮かべると良いでしょう。必要なペースでストーリーを進めるために、台本や最低限アウトラインを作成します。厳密に設計されるためポイントを確実に伝えることができます。ストーリー性のあるビデオを制作することに適した手法であり、視聴者が映像の中に入り込むような強烈な印象を与えます。

30. スライドショー動画

Microsoft PowerPointやGoogle Slideなどのソフトウェアを使ってプレゼンテーションをすることもあることでしょう。このトピックをまとめたスライドをまとめてスライドショーにすることでフィードに投稿したり、専用のサイトにアップロードできるようになります。また、このスライドショーにプレゼンターを重ね合わせてしっかり説明をしたりすることも可能です。
成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

営業活動編

営業活動編

31. 営業プレゼンテーション

営業活動の一環で必ず行うパターンというものがあるはずです。例えば会社紹介や製品デモンストレーション、事例紹介、製品説明などです。この共通する行為を動画にすることで営業効率を高めることが可能になります。また、これらの動画はウェブサイトに掲載することで、営業は真の顧客コミュニケーションに集中することが可能になります。

32.メールシグネチャー動画

Eメールの署名に動画をつけることで第一印象を良くし競争力を高めることが可能になります。例えば、お客様をサポートするチームメンバーを紹介したり、エピソードや連絡先などを説明したりすることで埋もれがちな目立たないメールを目立たせることができます。このメールシグニチャー動画を活用すればお客様との距離をグッと縮めることが可能になるでしょう。

33.営業活動紹介

動画は、適切な見込み客にメッセージを届けるための素晴らしいツールになります。特定のお客様にどのような価値を提供できるかを示す簡単なビデオで紹介をすれば、より好感度が上がることでしょう。

弊社のお客様企業では初回訪問後に複数人とお会いした際に動画で御礼と共に自身の価値を紹介するとともに商品紹介をして成功を収めています。営業活動に必要な次のステップへと進めやすくなることでしょう。

34. 動画で言葉や文章を補完する

商談などでは、言葉が多くなることも多いことでしょう。しかし、実際にはお客様は全ての大畑を咀嚼しきれずにいることもあります。それは難しい商材になればなるほど顕著になります。

このように言葉では説明しづらいシーンというものは多く存在します。百聞は一見にしかずという諺があるように動画は、説得力があるため次のレベルへ引き上げるのに役立ちます。営業戦略やコンテンツ戦略を関連動画で補完することで、言葉や文章によるコンテンツをさらに魅力的なものにすることができます。

35. 契約書の説明動画

契約はあらゆる取引の成立に不可欠です。訴訟問題などに発展しないためには契約内容についてしっかりと理解いただく必要があります。しかし、契約書というのは難しい文言で書かれているために時として退屈なものになりがちです。

また説明が難しかったり、理解してもらうのが難しいケースもあることでしょう。重要なポイントや説明が必要な箇所を、これから契約を交わす相手に説明するビデオを作ることで齟齬が発生する確率を低くします。また、企業の信頼価値を高めることにも貢献するでしょう。

契約書の説明動画制作例

株式会社住宅あんしん保証 重要事項説明動画 新築
保険加入者様や、加入を検討されている方に向けてご覧いただく動画をご依頼いただき、制作いたしました。

36. 購買御礼動画

契約が成立した際に関係者へ御礼を伝えるための動画は有効です。例えば動画の内容には御礼と共に、これから関連するメンバーの紹介やサポート体制などを紹介すると安心感を与えることが可能になるでしょう。

37. お客様オンボーディング動画

新しいお客様が加わったときに歓迎のビデオを作成することでうまくスタートダッシュを切っていただくことが可能になります。

導入後に実際にあることや、プロジェクト成功への進め方などを紹介することが重要です。よく深いパートナーシップを形成させるために検討してみてはいかがでしょうか。

38. チームメンバー紹介動画

チームメンバーの仕事内容や趣味、入社した経緯や得意分野などを動画でまとめて共有することでブランドや個人への親近感を高めて仕事を進めやすくしてくれるでしょう。

39. FAQ動画

お客様からいつも同じような質問をいただくことはございませんか?これらの質問などはFAQとしてホームページなどにまとめられているケースもあることでしょう。回答用の説明に動画を用意すれば、疑問に対して真摯な姿勢を提供できることでしょう。

40. ハッピーバースデー動画

特別なお客様に対してチームから誕生日おめでとう動画を送るのはいかがでしょうか?日頃の感謝の気持ちを込めたメッセージでもハッピーバースデーソングでも良いでしょう。きっと心の距離が縮まることでしょう。

41. 比較動画

顧客は、商品の購入をする際に他社競合製品との比較を行なっています。高額商材になればなるほど相見積り必須という企業が増えてきます。競合他社との比較動画を作成することで優位性が明確になります。企業の判断にもよりますが検討する価値はあるのではないでしょうか。

サポート・研修・教育編

サポート・研修・教育編

42. 技術・技能伝承

日本には多くの匠が存在します。その匠の技などをいかに後世に残すかが企業にとっての価値となります。そのようなケースにおいて文章だけでは伝わらないケースがほとんどであり動画制作が大きな効果を発揮することでしょう。

43. ハウツー・マニュアル動画

お客様向けの商品やサービスの使い方、社員向けの操作マニュアル、将来を見越した技術伝承など、言葉では伝わりにくい微妙なニュアンスを動画化することで理解を促進させることができます。

また、ユーザーはサービスに対する付加価値に満足し、ファン層へと躍進するでしょう。ハウツーやマニュアルを動画にすれば、わかりやすい、そして、楽しいを未来永劫、利用できるのです。

44. サポート動画

サポートサービスを提供している場合には、テキストや音声だけでなく動画も添えてあげることで、より問題解決を行いやすくなります。

45. 研修・トレーニング動画

社員教育用動画と同様に、顧客教育用の動画も有効な手段の一つです。集合研修だけでなく、必ず動画トレーニングも検討するようにしましょう。

46. ナレッジベース

ナレッジベースに動画コンテンツを追加しましょう。動画コンテンツを確認しながら知識を高めることが当たり前になりつつあります。

47. ソフトウェアマニュアル動画

ソフトウェアの使用例や操作を動画で説明することで、ユーザーが直面している課題や障害をクリアするのに役立ちます。

ソフトウェアマニュアル動画制作例

YKK AP株式会社 YKK AP住宅省エネ性能計算ソフト
サービスの操作説明として、「デモ画面+ナレーション」として 実際の操作画面を録画・収録させていただき、 はじめての方でも、操作を行っていただきやすいように、 丁寧で、わかりやすい動画へと仕上げております。

48. 社員教育動画

企業成長において人材の成長は必要不可欠であり、育成のための教育は重要な位置づけを占めます。動画を用いた教育研修は、記憶に残りやすくテキストよりも学習効果は大幅に上昇します。

また、動画を活用したEラーニングを用いれば、教師のレベル差を均質化できるだけでなく、地理的分散された教育のコストを大幅に削減できます。

さらに、時間に拘束されることなく従業員はいつでも学べるため真の働き方改革へと貢献できるのです。動画を用いた教育は、必要な時に必要な場所で教育が行われるため、人件費や場所代、移動コストなどの削減が可能になります。

49. 実験・検証動画

新商品の開発などでは、日々現場で実験や検証などが行われています。これらの作業を動画に収めることでよりわかりやすく情報を伝達することが可能になります。

人事・採用編

人事・採用編

50. 採用動画

企業において人材は宝であり、優秀な人材の確保は必要不可欠です。その一方で人事採用部門は、最適な人材を採用するために知恵を絞りながら的確なマッチングに注力しています。

このような背景から採用に関わる様々なシーンで動画を制作される企業が多くなっています。採用活動を促進する動画は学生や求職者に対する企業認知から興味喚起、サービス理解の促進、志望動機形成、内定後のフォローまでのあらゆる接点において重要な意味を持ちます。求職者は動画を通じて仕事のイメージや社風・会社概要などの魅力を肌で感じることが可能になります。

また、企業においては動画が当たり前になった世代に対して、応募者増加へとつなげるだけでなく、求める人材像を的確に伝えることで、お互いが「こんなはずではなかった」というミスマッチを防ぐことも可能になるため採用コストを最適化することにもつながります。

採用動画制作例

りらいあコミュニケーションズ株式会社新卒採用向け ドキュメンタリー動画
新卒採用の会社説明会で、社員の方の働き方を紹介するために動画を活用したいということで制作いたしました。入社後のミスマッチを防ぐため、働く社員の1日にフォーカスしたドキュメンタリー動画を企画し、ご提案しました。

51. 新入社員オンボーディング動画

新卒であれば中途採用であれ新入社員は右も左もわからないものです。業務をこなすための知識や実施すべき内容などをオンボーディングビデオとして作成しておけば人事担当者の負担を減らすことが可能なだけでなく、新入社員にとっても素早く会社に馴染むことが可能になるでしょう。

52. 採用動画(社長メッセージ)

優秀な人材を採用することは企業にとって優先事項と言えます。採用サイトや自社の採用ページに掲載する動画を作成すれば、理解を高めてもらえるだけでなく目につきやすいため競争力を高めてくれるでしょう。そのような採用活動において社長などのメッセージは目につきやすいものです。実際の社長の方針などを聞くことによって入社意欲を高めてもらえることでしょう。

53. 採用インタビュー動画

先輩社員など実際に働いている人の動画を採用ページに追加することで、実際に働いた際のイメージがつきやすくなります。

採用インタビュー動画制作例

SCSK株式会社 人事部向けインタビュー
社内でどのような取り組みを行っているのか、人事部の方へ実際にインタビューに伺いました。 社内での働き方改革、女性活躍、テレワークについて具体的な支援制度のお話を詳細にお話しいただきました。

54. カルチャー動画

採用ページにカルチャー動画を入れると効果的です。カルチャー動画は、堅苦しくなく本当はどのような会社なのかをアピールするための面白い手法の一つです。会社のパーソナリティ動画と考えて既成概念にとらわれない発想が成功の秘訣です。このようなオープンな環境で働きたいと思う人材は多いものです。

関連リンク:ヒューマンセントリックスが提供する採用動画製作サービス

広報・IR・経営企画編

広報・IR・経営企画編

55. 施設紹介動画

地理的に分散された海外事業所や工場、会社施設・設備など普段見えづらいものをお客様に確認いただくことで安心感や信頼感へとつながります。このような場合に表現力豊かで閲覧する場所を選ばない動画が最適な手段となります。

56. IR動画

投資家向けや各ステークホルダー向けの活動に動画を活用するケースが増えています。株主総会の状況を動画にして配信したり、代表取締役などの役職者からの株主に対するメッセージなどを動画で伝えることで信頼感が大きく増します。

また、動画であれば財務情報を分かりやすく正確に伝えることが可能です。IRのための動画制作を行い、それを活用することで経営方針の的確な伝達、正確な財務状況を伝達など株主や投資家に適切に伝えることが可能となり、信頼関係の構築に貢献します。

IR動画制作例

HPCシステムズ株式会社 IR向け 会社・サービス紹介動画
会社を知っていただきたいという目的で動画制作の依頼をいただきました。 初めての動画制作ということで制作のプロセスや留意点などをリードしながら進行いたしました。

57. 社長・リーダーメッセージ動画

社長や経営者、リーダーのメッセージは重要なものです。しかし、企業規模が大きくなればなるほどメッセージを伝えづらくなることも事実です。そのようなケースにおいてはメッセージ動画がおすすめです。社員や関係者は都合の良い時にいつでも重要なメッセージを確認できるようになることでしょう。

58. オフィスツアー

オフィスツアーの動画を作成することで、あなたと顧客との結びつきを高めることができます。また、採用活動とのセットで活用することも可能になるでしょう。日常的な環境を見てもらうことで、会社のことをより深く知ってもらうことが可能になります。

オフィスツアー動画制作例

シスコシステムズ合同会社 オフィス紹介動画
シスコシステムズ社(六本木オフィス)内にあるコラボレーションソリューション展示エリアの紹介ビデオを作成いたしました。

59. 記者会見動画

対外的な広報活動を行う際には動画撮影を検討します。会社の顔としての広報活動を記録することで、あらゆるシーンでの動画活用が可能です。

60. 記念式典動画

会社の歴史を語る上で外せない記念日に動画撮影をしてみてはいかがでしょうか?例えば10周年記念式典や新オフィス開設式典、新製品発表会など、会社の歴史を振り返る上で欠かせないマイルストーンを動画にすればきっと後世まで、その臨場感を伝えることができるでしょう。

61. 避難訓練動画

地震や火事など有事の際には、会社は従業員を含む関係者に的確な避難を誘導しなければなりません。日頃から避難訓練などを実施するとともに、有事の際のマニュアルを動画にすることでより円滑な対応が可能になります。

62. 道順動画

駅などから施設への道順や工場施設などの巨大な敷地では迷子になることが予想されます。そのため道順などを動画にすることで、よりわかりやすく目的地まで到着するのに役立ちます。

63. 引っ越し・新オフィス動画

引っ越しや新オフィス移転の際には動画に残すことがお勧めです。オフィス紹介などに活用しましょう。

64. 新年挨拶動画

年初の挨拶を動画にしてみましょう。お会いすることができない場合にもより広くメッセージを伝えることが可能になります。

65. 社内イベント動画

社内イベントで動画撮影を検討しましょう。動画に残すことで振り返ると社内コミュニケーションを促進させることが可能になるためチーム力向上に貢献できます。

66. コンプライアンス教育動画

コンプライアンス(compliance)とは、「法令遵守」を意味しています。現在、企業はこのコンプライアンスに遵守することが求められています。そのため社内全般に会社としての倫理観や規範を浸透させる必要があります。それらをコンプライアンス教育の一環として動画で浸透させることが重要です。

67. BCP動画

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害やパンデミックなどの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続や早期復旧を可能とするための計画です。

緊急時における事業継続のための方法、手段などの取り決めを行い、動画を介して社員へ伝達してみてはいかがでしょうか。

社内・情報システム編

社内・情報システム編

68. Zoom ミーティング

Zoomは、チームやクライアントなどとつながることができる人気のビデオ会議ツールです。Zoomを利用して会議をする場合には録画機能が利用できるために、後に会議をビデオで共有することができます。

69. 業務フロー説明動画

既存の業務プロセスなどを詳しくみてみましょう。特定に人物しか理解していなかったり分かりづらい業務プロセスがある場合には、それらを解決するための動画を用いた説明が効果的です。また、面倒な社内業務プロセスの退屈な体験を盛り上げる効果も入れると良いかもしれません。

70. 操作説明動画

社内システムなど直感的に扱えることが望ましいことは言うまでもありません。しかし、その使い方などで疑問を抱き業務がストップするケースもあるのではないでしょうか。そのような場合には、マニュアルなどに加えて動画で説明することで理解を促進させることが可能になるでしょう。

71. 報告用動画

データをどのように分析するかが企業の戦略を決定する上での重要性を増しています。データをもとにした分析は、その関係者で共有すべき事項ではありますがミーティングやメールだけでは共有しきれないケースもあるでしょう。

このような時にはレポートビデオをの作成を検討すると良いでしょう。報告用ビデオを作成しておけば、関係者で共有できるだけでなく、過去の意思決定などを振り返ることもできるでしょう。

72. アナウンスメント(発表)動画

社内で発表することがある場合には動画活用も検討すると良いでしょう。録画してメールで社内に共有すれば、Eメールだけの場合に比べてより重要なことだと判断してくれたり理解度も増します。

73. 社内コミュニケーション動画

社内のメッセージ流通の主体はテキストかもしれません。その一方でテキストメッセージが増えすぎていまい重要性が損なわれる現象が起きていることも事実です。より重要なメッセージやコミュニケーションは動画にすることを検討すると良いでしょう。

74. 画面共有

最もシンプルな動画のひとつに、画面共有動画があります。言葉で操作説明をするよりも画面共有で動画を利用することで理解度を大幅に高めることに貢献します。

75. コメディ動画

楽しいアイデアを動画にするのはいかがでしょうか。堅苦しい内容の動画よりも共感を得ることができるため検討する価値は高いと言えます。

広告・ソーシャルメディア編

広告・ソーシャルメディア編

76. ソーシャル広告動画

ほとんどのソーシャルメディアでは、動画広告を作成し、類似のコンテンツに関与している視聴者(ターゲットユーザー)に情報を伝達することができます。既存のコンテンツを利用することも、新しいものを編集して新しい視聴者を惹きつけることもできます。新たなユーザーに自社のブランドを訴求したい場合には検討することをお勧めします。

77. ティーザー動画

動画をシリーズ化している場合には、視聴者を引き付けるために、ソーシャルメディアで共有するティーザー動画を作成することを検討しましょう。

78. Facebookカバー動画

企業のFacebookアカウントのカバー写真を動画にしましょう。カバー動画を活用することで静止画よりもより魅力的に見せてくれるだけでなく、さらに多くのユーザーの目を惹くことができ企業ページをより良く演出することができます。

79. Facebook Live

Facebookライブでは、視聴者と共有したい発表、イベント、Q&Aをライブ配信することができます。

80. YouTube動画

YouTubeで動画配信を行えば、多くのユーザーにアプローチすることが可能になります。せっかく作成した動画を自社のチャンネルにアップすることを検討しましょう。

また、予告動画を配信することも面白い取り組みの一つです。ユーザーの期待を高めることで再訪問してくれる確率が高まるでしょう。

81. YouTube広告

YouTube広告は、ターゲットを絞った顧客層にリーチするのに適した手法の一つです。視聴者は再生から5秒後にスキップが可能なため数秒で魅力を伝えることが重要になります。

82. Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)動画投稿

Googleビジネスプロフィールは、Googleの検索エンジンの結果ページに自分のビジネスがどのように表示されるかをコントロールできる便利なツールです。Googleで検索をするユーザーに動画で情報を届けることで印象を高めることに貢献してくれるでしょう。

83. Instagramストーリー動画・リール動画/Live

インスタグラムのストーリー動画やリール動画を公開することでリーチを最大化します。会社が取り組んでいることや魅力的なトピックの動画を、高頻度で投稿すると効果的です。また、Instagramライブでは簡単にライブ配信を行うことが可能です。

84. LinkedIn Live

ビジネスユーザーのためのSNSであるLinkedInは、日本国内でもユーザー数が増えています。申請が必要なLinkedIn Liveは、Facebook Liveと同じ利点を提供しますがより視聴者とのエンゲージメントを高められる特徴があります。

85. タクシー広告動画

タクシー広告は、忙しいビジネスパーソンを対象に効率的に情報発信できる特徴があります。

86. テレビCM

テレビCMは、視聴者層の幅広く、自社製品やサービスの潜在顧客にアプローチすることができます。

テレビCM動画制作例

JFEエンジニアリング株式会社様 30秒テレビCM
JFEエンジニアリング様が掲げるメッセージとともに新事業をメインとした会社や仕事風景などの撮影映像とCGアニメーションを組み合わせ、テレビCMで放映できる、品質・クオリティに仕上げております。

87. デジタルサイネージ動画

店頭や、タクシーや鉄道内の車内広告、商業施設・公共施設のモニターなどに設置されたスクリーンで利用するデジタルサイネージ動画は広くリーチすることに長けた手法です。

88. TikTok

気軽に動画を撮って投稿し、友人やつながりのあるユーザー間でシェアする楽しみ方ができる短尺動画ぽらっとフォームです。15秒から1分ほどの短い動画を作成/投稿できます。

89. Twitter

拡散力の高いソーシャルメディアであるTwitterも動画を配信することが可能です。特に日本においては若年層を中心に多くのユーザーが活用しています。

その他:活用方法いろいろ編

その他:活用方法いろいろ編

90. ストーリー動画

短い動画(通常1~3分)は素早く魅力的な動画を作るには最適ですが、ストーリーを伝えたりする場合には、もっと時間が必要な場合もあります。視聴者により多くの価値を提供するために、長いコンテンツを制作することも検討しましょう。

91. ドキュメンタリー風ビデオ

ドキュメンタリースタイルのビデオは、ある出来事、人物、物語など、個人的な内面を映し出します。また、製品開発などの背景をまとめることでより親しみやすい環境の構築に貢献できるでしょう。

92. 黒板/ホワイトボード動画

黒板動画は、画像とナレーションが入ったシンプルな動画です。これは、アニメーションであったり、画像や文字が書かれた「ホワイトボード」の前に立っているあなたであったりします。学生時代に経験したことがあるように先生がホワイトボードに書き込みながら説明することでユーザーは熱心に理解しようとすることでしょう。この動画はエピソードごとにシリーズ化することが好まれています。

93. ストップモーション動画

ストップモーションとは、物体の絵をつなぎ合わせて、それぞれの間にわずかな動きをつける映像スタイルです。それを組み合わせることで、アニメーションを作り出します。技術的にはビデオの一種ですが、ストップモーションは、ソーシャルフォロワーを惹きつけるユニークな方法を提供します。

94. キネティックタイポグラフィー

本来動かない文字がアニメーションで動く動画です。文字が浮遊したり、スライドしたりすることで強烈な印象を与えることが可能になります。

95. シネマグラフ

シネマグラフは、画像の一部のみに動きを取り入れる動画です。例えば、静止画の景色の中で人物が微笑むなどを想像すると良いでしょう。注目される確率が高く、強烈な印象を与えることが可能になります。

96. ドローン動画

ドローンの映像は、ダイナミックなアングルでインパクトを与えることが可能になります。施設紹介や会社紹介などに加えることで差別化することができるでしょう。

97. タイムラプス

タイムラプス動画は、以前よりも身近なものになりました。最近のiPhoneや一部のAndroidでは、撮影機能として組み込まれているほどです。このタイムラプスを使えば非常に期間のかかる作業を見せたい場合などを短い動画にまとめることが可能になります。そのため物理的なプロジェクトに費やされた時間や労力を紹介するために特に有効です。

関連記事:タイムラプスとは?撮影方法や効果について解説

98. アニメーション

アニメーション動画は、シンプルなメッセージも複雑なメッセージも、新鮮で視覚に対して魅力的な方法で伝えることができます。

99. インタビュー形式の動画

インタビュー形式の動画は、あらゆるシーンで活用することが可能です。また、人気のあるビデオ形式の1つです。ゲストから視点や洞察を得ることは、常に興味深く、有益なコンテンツになります。

100. インフォグラフィック動画

図やグラフィックを活用して数字や文字をわかりやすく伝えるインフォグラフィック動画は説得力のある動画の一つです。わかりやすく伝える手段の一つとして検討すると良いでしょう。

インフォグラフィック動画制作例

株式会社ディスコ インフォグラフィック会社紹介動画
インフォグラフィックで視覚的にわかりやすい会社紹介動画を制作いたしました。

おまけ:VR動画

VR技術が進歩する中、ビジネスにVR動画を活用するケースが増えています。VRとは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略であり、日本語では「仮想現実」といいます。

VRヘッドセットを使用した仮想空間の中に入り込むことで、現実世界では実現不可能な事象を体験することが可能になります。

動画制作・配信ならヒューマンセントリックス

業界トップクラスの動画制作・配信実績には理由がある。
高品質な動画を低価格で実現し、企画から撮影、制作、配信、そして納品まで万全な体制でお客様をサポートします。

動画制作・配信ならヒューマンセントリックス

詳細はこちら

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

動画はあらゆるシーンでの活用が進んでいます。例えば以下のページでは弊社実績をご確認いただけますが、その用途は多岐にわたっています。

関連ページ:動画制作実績及び事例

動画は事業を成長させるために必要不可欠なコンテンツであり手段です。そして、その用途は無限大と言えるでしょう。

ヒューマンセントリックスでは動画の制作や配信を通じでお客様とその先のコミュニケーションを円滑に行うお手伝いをさせていただいております。ご興味がございましたらお気軽にお問合せいただければ嬉しいです。

動画制作に関するお問い合わせ

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

タイムラプスとは?撮影方法や効果について解説

動画制作全般

動画制作やライブ配信のための自社スタジオ構築の具体的な進め方と価格について

動画制作全般

メタバースとは?背景やビジネスにもたらす影響を解説

動画制作全般

後悔する前に知っておきたい優れた動画制作会社の特徴と見極め方

動画活用シーン100選 !ビジネスの成長を加速するアイデア集

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事