製造現場で動画制作を活用するメリットとは?

 2021.09.01  株式会社ヒューマンセントリックス

CTA

製造現場における動画活用が盛んに取り上げられています。実際に製造現場で動画を活用するメリットは多く、マニュアル的な動画から営業動画まで、多種多様な使い方が可能です。

製造現場で動画制作を活用するメリットとは?

とはいえ、突然動画制作と言われても手順や利点などがわからない担当者の方も多いことでしょう。そこで本記事では、製造現場で動画を制作する方法とメリット、外注先の選び方などについて解説します。

製造現場での動画活用方法とメリット

ここでは製造現場における動画活用の方法とメリットについて解説します。

製造現場における主な動画の活用方法は、動画マニュアルとして使用する方法です。動画マニュアルとは「、製造現場における実際の作業工程を動画で解説すること」を指します。

動画で作業工程を解説することで、紙のマニュアルよりも効率的な従業員の指導が可能となります。これまでは文字や写真で教えていたものを動画で伝えられるため、経験が浅い従業員でも視覚的に業務を把握できます。これにより、従業員たちは実際の操作状況や手順を直接確認しつつ、担当する仕事を覚えられるのです。

また、ナレーションや字幕も使用すれば、外国語にも対応可能です。これにより、外国人労働者への対応もよりスムーズに行えます。

教える側は労力が軽減され、自分の業務に専念できるようになるため、教育業務によって他業務の生産性が低下するという事態を回避可能です。もちろん、教わる側としても自分で確認したい箇所を自分のペースで繰り返し再生し、効率よく学習すしていけます。紙ではわかりづらい製造過程における細かな手順や工程も、動画マニュアルなら一目瞭然で理解できるでしょう。

もちろん、動画の制作段階では一定のコストがかかります。しかしながら、一度動画を制作してしまえば繰り返し使用できるため、新しい従業員が入るたびに教えていた時間は大きく削減されます。加えて、インターネット上で共有しておけば、従業員たちはいつでも確認可能です。

住宅設備などのプラスチック成型品を手掛ける児玉化学工業は、動画マニュアルをうまく活用している一例です。ヤスリの活用について、動画を確認することで使い方や力加減などを視覚的に確認できます。

この事例のように、動画マニュアルをしっかりと準備・活用すれば、教える側も教わる側も効率的に利用できるため、企業全体の生産性が向上します。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

現場以外にも動画は活用可能!

前項では製造現場における動画活用を見てきましたが、現場以外で動画を活用することも可能です。例えば、自社の商品やサービスを売り込んだり、自社のブランディングに活かしたりすることなどが挙げられます。

基本的に動画コンテンツというもの自体、営業活動に有用で訴求力も高い特徴があります。文字や言葉だけでは伝わりづらい商品の魅力などを、使用シーンを実際にイメージしてもらうように伝達できるからです。

例えば、「気に入った洋服をインターネットで購入したけど実際に着てみると合わなかった」という利用者の体験談が多いことはアパレル業界の課題です。そういったケースでも、動画があれば、より多くの情報を伝えられるため、失敗例を減らすことができるのです。このように文字や写真だけでは伝えきれない要素をアピールする営業ツールとしても、動画は最適と言えるでしょう。

それ以外にも、自社の従業員が製造しているシーンを取り入れることで、会社としてのブランドイメージ向上にも役立ちます。

なお、一度制作すれば自社コンテンツとして長く使い続けられるため、費用対効果も高いと言えるでしょう。

外注先の選び方

製造現場は専門的な知識や技能を必要とするため、外注先に関しても専門知識に明るい企業のほうが安心です。もちろん、それ以外にも外注先を選定する基準はいくつかあります。そこで本項では、外注先の選び方について特に見ておきたい視点について解説します。

車製造など、工業現場での実績を見る

結論からいえば、いろいろなジャンルの企業や現場について実績のあるBtoB企業を外注先に選ぶとよいです。「製造現場」とひと口に言っても、車やそのパーツ、電化製品など扱っている種類は多種多様です。そのため動画に求める内容についても、それぞれの業界や製品によって異なります。

そこで重要なのが、自社の商品やサービスに関する動画の制作実績の有無です。該当する商品やサービスに関連する動画の納品実績が複数あれば、製造現場における理解力も大きいと判断でき、クオリティにも信用がおけます。

加えて、営業活動などにも活かせる動画を制作している制作会社であれば、マニュアル動画のその先を見据えることも可能です。今後の営業戦略についても積極的に相談できるでしょう。

料金体系が明確

2つ目に注意すべきポイントとしては、料金体系が明確化されているか否かです。依頼する際の要望や制作内容によって、制作期間や価格は変動します。そのため、明確な料金体系を有している制作会社のほうが費用感やおおよそのスケジュールを把握するうえでも最適です。

具体的には、一般的な動画制作費をはじめ、動画を営業に活用する際の費用対効果など、ビジネス用動画の相談・提案に慣れており、かつ料金も明瞭な制作会社がおすすめです。

製造現場の動画制作なら、ヒューマンセントリックス社へ

選ぶポイントは理解したものの、「選択肢が多くて制作会社を選びきれない」という方もいるかもしれません。そこでおすすめするのがヒューマンセントリックスの動画制作サービスです。

大手・中小問わず、幅広いジャンルの企業を多数担当しており、BtoB動画・BtoC動画・マニュアル動画・ウェビナーなど、多岐にわたって制作実績が豊富です。製作可能な動画の種類も多く、料金も明確に提示されているため、依頼する際もスムーズに進められるでしょう。マニュアル動画活用から営業動画制作への移行も相談しやすいためおすすめです。

まとめ

製造現場で動画を活用すると多くのメリットがあります。経験の浅い従業員の教育を効率的に進められたり、外国人労働者への指導もスムーズになったりします。

マニュアル的な使い方以外にも営業活動に使用することで、文字や言葉では伝わりづらいニュアンス的な内容も伝達でき、より高い訴求力で商品やサービスをアピールすることが可能です。

とはいえ、適切な外注先を選ばなければ費用対効果の低い投資になりかねません。本記事で解説した動画活用の方法とメリット、さらには外注先の選定方法を参考に、動画コンテンツを導入してみてはいかがでしょうか。

ヒューマンセントリックス社は、製造現場をはじめ、さまざまな企業の動画制作を担っています。動画コンテンツをお考えの際は、ぜひ一度ご検討ください。

CTA

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

動画制作・映像制作の費用と料金相場

動画制作全般

企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリット

動画制作全般

製造業における動画活用シーンと動画制作を実施するメリット

動画制作全般

動画の解像度とアスペクト比について

製造現場で動画制作を活用するメリットとは?

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事