展示会を成功に導く動画を低価格で制作するのは?

 2018.06.06  株式会社ヒューマンセントリックス

ITサービス企業 製品企画部からの相談

1か月後の展示会に出展します。その際、新しく2つのサービスを発表します。
新サービスのカタログは、ほぼ用意できました。説明用のパワーポイントもあります。
ブランディング用の動画も用意しました。

そんな中、急きょ、展示ブースに50インチほどのディスプレイをいくつかおいて、動画でプロモーションしたいと言う声が営業から上がってきました。ブランディング用の動画はあるのですが、インパクト重視の表現になっています。

営業からの要望は、サービスの内容が短くまとまっている動画であり、さらに展示会終了後も、引き続き、活用できるということです。
ただ、突然あがったリクエストなので、予算化もしておらず、使えるコストも限られています。ブランディング動画を作った制作会社は、説明系の動画制作実績が少ないということで、納期とコストがどうしてもあわないようです。

何か良いアイデアがあれば、ご提案ください。

回答

1か月後に展示会があるということであれば、その数日前には、納品しなければなりません。
ヒューマンセントリックスの展示会用動画の考え方は、「展示会終了後も、再活用いただく」
というのがあります。その辺は、営業の方と意見が同じです。

資料ダウンロード

新サービスのカタログや説明用のパワーポイントができているということであれば、「動いてしゃべるパワーポイント」を提案いたします。新サービスのカタログを制作するプロセスは、社内調整も含めて、大変だったかと思います。ここで使われているキーワードやメッセージは、貴社の思いが集約されたものです。このカタログと、製品紹介でご利用予定のパワーポイントを素材に、2分以内の動画に仕上げます。

お客様によっては、営業マン以上の働きをする場合があります。
例えば、展示会参加者の声として、ブース前の営業マンにプレッシャーを感じるという意見も少なくありません。
営業マンを気にすることなく、遠くから動画を眺め、サービスの概要を知ることができるというのは動画のメリットの1つです。

コストについては、1本の予算で2本制作できるやり方も、ご提案できます。
スクリプト(シナリオ)の制作の一部をお願いするとともに、ある程度、表現を一任いただければ
限られた予算の中で、最高のパフォーマンスを発揮できる動画を提供できます。
展示会までの期間は、あまりありませんので、しっかりと連携して、進めていけたらと思っています。

[RELATED_POSTS]

ちょっと解説

展示会やイベントへの出展は、年間のマーケティング企画の中でも、予算と労力を、もっとも注ぎこむ施策の1つです。
液晶ディスプレイの低価格化により、多くの企業が、展示会やイベントで動画を多用するようになってきました。

大規模展示会ともなれば、展示会専門の業者が、ブース全体のデザインや小間装飾、造作、当日の配布物や説明用資料、パネルなどの制作費などを、一手に引き受けます。
その中に、展示会で利用する動画も対象になっています。
動画の表現は、比較的、高コストでインパクトがあるものが多いです。

そんな中、ヒューマンセントリックスへの問い合わせに多いのが、パワーポイントを上手く活用した「説明系」の動画です。

パワーポイントのアニメ機能だけだと、何か物足りないかと言って、インパクト系重視の動画だと各ブースで使うには勝手が良くない…その中間のものが欲しいというニーズです。

以前、派手さやインパクト重視の動画を使ったお客様が、実用的に活用できる説明動画の会社を探していました…と当社に辿り着き、喜びいただけるケースが増えています。

制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画で解決!シリーズ」の最新記事


展示会を成功に導く動画を低価格で制作するのは?
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み