会社の顔である社長をブランディングする手段としての動画

 2018.05.29  株式会社ヒューマンセントリックス

今回はIR動画についてです。2件の相談に対する回答を紹介します。

ちょっと、その前に、上場企業のIR活動でご利用いただく動画の傾向について紹介します。

上場企業のIR活動での動画活用には、いくつかのパターンがあります。

  • 決算説明会や、株主総会の案内を動画で行う
  • 決算説明会や、株主総会で活用する
  • 決算説明会や、株主総会の様子をライブ配信し、後日、オンデマンドで公開する
  • 機関投資家向けのIRロードショーなどで、活用する
  • IR特設のWebページでアピールする

など、イベントの前、イベント後、イベント中の3つのタイミングでの活用です。

さらに、それぞれのシーンで活用する表現も様々です。

  • 自社の強み、サービスを2分前後に、編集した動画を会場で流す
    例えば、シニア層には、わかりにくITサービスについて、動画でわかりやすく編集して、会社の強みと成長性を、理解いただくことを目的にします。
  • 概要や基本事項を10分前後の動画にまとめ、会場で流す
    基本的な事項や概要は、動画で伝えることで、タイムマネージメントが円滑に行え、トップは、参加者からのQ&Aに集中できます。

資料ダウンロード

会社の未来に対して、投資する上で、ビジネスモデルや、市場性は、もちろんのこと、社長の事業にかける熱量や思いは、さらに重要となります。

社長をブランディングしたい 経営企画室からの相談

数年前に上場し、大きな飛躍のタイミングとなりました。
ここで、社長の未来への思いを上手く表現できたらと思っています。資料だと、どうしても伝わらない部分もあります。これまで、決算説明会の内容を、映像とパワーポイントが連動した動画で、
配信したことがあります。他に、何か、良い方法はありますか?

回答

IR動画には、事実を報告する「説明動画」とブランディングを目的とする「ブランディング動画」の2パターンあります。ヒューマンセントリックスはどちらも得意としていますが、今回の要望に対して、適切なのは、「ブランディング動画」、それも、社長のパーソナルブランディングとなります。

投資家にとって興味深いポイントをあらかじめ、いくつか、想定し、それを、社長に答えていただくという表現をお勧めします。カメラに向かってのプレゼンテーション形式でも、良いですが、ここは敢えて、営業っぽさを排除したほうが良いと思います。

今回、お勧めのインタビュー形式で撮影します。
投資家にとって興味深いポイントは、社長にとっても一番思いのあるポイントだと思います。
インタビューしながら、社長の熱量がどんどん上がってきて、次第にそこにカメラがあるもの忘れて、社長の人間性も醸し出され、思いの詰まったパーソナルブランディング動画に仕上がっていきます。

何をやっている会社か伝わりにくい 経営企画室からの相談

最新のITサービス企業として、次から次に新しいテクノロジーを世に出しています。
ただし、株主の中心は、シニア層で、株主に対して何をやっている会社か、なかなか伝わりにくいのが課題です。何か良い方法はありませんか?

回答

ITサービスなど、形にないものを表現するには、動画は適しています。CGや、アニメーションを多用して、仮想的に表現できます。ただし、今回はシニア層に向けたプロモーションです。シニア層は、若者が頑張っている様子に共感を持ち、応援しようと思う傾向にあります。

CGやアニメーションを駆使しても、商品サービスの表現は、無機質になりがちですので、そこは、最低限にしましょう。社内で、熱くディスカッションしている様子や、チームで一体感になっている様子、さらには、一生懸命営業や開発に没頭している様子を中心に動画で表現するのはいかがでしょうか。

[RELATED_POSTS]

制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画で解決!シリーズ」の最新記事


会社の顔である社長をブランディングする手段としての動画
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み