「8つの表現」〜 幅広い表現への対応 〜(前編)

 2017.12.05  株式会社ヒューマンセントリックス

動画を導入する際に重要な「4つの柱」

動画を導入する際、最も重要となる「4つの柱」は、
どこで伝える」「何を伝える」「どう伝える」「どう使う」です。

このうち どこで伝える」「何を伝える」「どう使う」について、ヒューマンセントリックスでは、経験豊富な営業担当が、お客様をしっかりとリードしながら確認していくことで明らかにしていきます。そして、どう伝えるは、まさに表現の領域。お客様からお聞きした課題、内容に対して、最適な表現方法を提案していきます。

お客様が、動画に求める委ねるもの・・・それは、圧倒的に 「わかりやすさ」「伝わりやすさ」です。紙やWebを通して「なかなか伝わらない」「表現できない」内容を圧倒的な情報量を持つ動画に求め、委ねてます。

8つの表現方法

ヒューマンセントリックスは、2004年の創業以来、1,500社以上のお客様に対して、2万本以上の動画を制作し、常にご要望にお応えしながらサービスを進化、成長させてきました。そこで、編み出されたのが「8つの表現方法」です。

お客様の状況(課題、スコープ、体制、納期、予算など)をしっかり確認した上で「 8つの表現方法」である「プレゼンテーション」「ナレーション」「インタビュー」「レポート」「芝居」「イメージ」「ピクトグラム」「CG/アニメ」のいずれかの表現方法を提案していきます。

それでは、1つずつ事例を交えてご紹介いたします。

プレゼンテーションによる表現

プレゼンテーション動画と言えば、ヒューマンセントリックス。その歴史は、まさに、日本のプレゼンテーション動画の歴史と同じ歩みです。

創業前、映像・動画制作の経験がなかった私が、動画ビジネスで成功できたのも、他社にはないプレゼンテーションでの経験でした。

動画でしか伝わらないもの、それは人の「熱量」です。製品、サービスにかける思いが強ければ強いほど、その「熱量」を視聴者に直接伝えられる説得力の高い動画になっていきます。

微細にこだわって作った資料をどれだけ理解いただいているかわかりませんが、熱い思いや表情、力強い言葉は、長い期間、人々の脳裏に焼き付いて刻まれます。

会社のトップが熱い人である、伝える力の強い人がいる、そういう場合は、特にプレゼンテーション動画をお勧めします。アニメもCGもエフェクトも必要ありません。圧倒的な熱量や伝わる力をそのまま使った演出。人の熱量を前面に表現するプレゼンテーション動画では、凝った作りは不要となります。

価格もリーズナブルで伝わるプレゼンテーション動画、その事例を2つご紹介します。

スタジオ撮影(パワーポイントとの合成)
データビークル様

スタジオ撮影(照明に工夫を凝らした最新表現)
スーパーストリーム様

ナレーションによる表現

カタログやホームページ、デモンストレーションなど、製品ごとに情報が細切れに溢れています。あちらこちらに点在しているコンテンツを動画を使って短く整理していくことがポイントです。

まず、内容をシナリオに落とし込みます。300文字のシナリオで約1分の動画になります。600文字で2分、900文字で約3分など、最終的な「尺」の目安にすることができます。

さらに、一旦、シナリオに落とし込むことで、社内的なコンセンサスを得やすくなります。

これで「本当に伝わるの・・・」と少し不安になるかもしれませんが、そこはご安心ください。圧倒的な情報量を持つ動画になれば短い尺でも、伝わりやすく解りやすいものになっていきます。

文章は左脳で理解、動画は右脳で理解します。左右の脳で理解するため、イメージや印象も末永く残っていきます。

プロのナレーターによるオーソドックスなナレーション動画です
日商エレクトロニクス様

ナレーターを役者が担うことで、情緒およびストリー性のある動画になります
トープラ様

インタビューによる表現

お客様事例は、最高の営業ツール。カタログでも、Webでも、イベント、セミナーでも、お客様事例は欠かせません。

動画のニーズで最近特に多いのが、お客様をインタビューしてそれを動画化すること。いろいろな場面で活用しやすいとリピートが絶えません。

インタビュー動画のポイントは、お客様のお客様(エンドユーザー様)にも、喜んでもらえる内容にすることです。ただ単に、インタビュー映像を編集するのではなく、話に関連する内容を適宜はめ込んでいくと、視聴者を飽きさせないストリー性の高い動画に仕上がります。

すぐに本題に入るのではなく、様々なカット映像を使ってエンドユーザー様の紹介を冒頭に入れていくと、視聴者も、感情移入しやすくなります。

もちろん、エンドユーザー様からも、大喜びいただけます。また、責任者の方、導入を決定した方、現場で利用している方など立場の異なる複数名に、インタビューをお願いします。撮影技術は、もちろんですが、お客様にとって、大切なお客様の会社や現場での振る舞いには細心の注意が必要です。

新興の動画制作会社では、撮影スタッフをアウトソーシングしていますが、
ヒューマンセントリックスには10名以上の社員契約の撮影スタッフがいます。これは、会社としての姿勢を表しています。

撮影現場での経験とノウハウを蓄積、共有し、技術だけでなく、現場での心配り、お客様との距離感、コミュニケーションの取り方など常に全員で学んでいます。ヒューマンセントリックスなら、どんな現場でも、安心してお任せください。

日本IBM様 ✕ ハウステンボスのロボットの王国「変なホテル」様
シスコシステムズ様 ✕ パナソニックシステムネットワーク様 ✕ 市立吹田サッカースタジアム様
ウイングアーク1st様 ✕ 伊藤久右衛門様

動画制作に関するお問い合わせ

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「連載コラム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
動画制作に関するお問い合わせ