動画制作を依頼する際に準備しておきたいポイント5つ

 2021.11.01  株式会社ヒューマンセントリックス

CTA

高速・大容量の通信規格「5G」普及に伴い動画利用も拡大するため、ビジネスシーンにおける動画の重要性は、今後ますます拡大すると予測されています。

動画制作を依頼する際に準備しておきたいポイント5つ

ノウハウや機材、スタジオなどがあれば、動画の自社制作も可能ですが、そうでなければ外部の専門制作会社に依頼することになります。

動画制作を外注する際に、どのような準備を行い、どのような点に注意して制作会社を選べばよいのか、動画制作の流れとあわせて解説します。

動画制作の依頼に必要な5つの準備

動画制作を外部の会社に依頼する際は、あらかじめ社内で済ませておきたい5つの準備があります。

目的の明確化

1つ目は、目的の明確化です。一口に動画を制作するといっても、目的が明確になっていなければ動画制作ははかどりません。動画制作の目的としては一般に、「企業や商品・サービスの認知拡大のため」「販売促進のため」「展示会のため」「ブランディングのため」あるいは「会社案内や採用活動のため」などが想定されます。社内でよく検討し、動画制作によって自社がどんな成果を得たいのかをはっきりとさせておきましょう。

例えば商品訴求を目的としても、「目的が認知拡大なのか・販売促進なのか」によって、制作の方向性は異なります。認知拡大が目的であれば短時間の動画の中でいかに効果的に商品名を強調できるかがポイントです。

一方、販売促進が目的であれば、商品の中身や購入のメリットなどを詳しく説明することに重点を置いた方がよいでしょう。

ターゲット設定

目的と合わせてターゲットを設定することも重要です。性別や年代だけでなく、「どういう趣味や嗜好を持っているのか」まで具体的に設定します。訴えかけたい人物像が明確になれば、どんなことを感じてほしいか、動画視聴後にどんな行動を促したいかといった戦略が定まるのです。事前に社内ですり合わせた上で、制作会社と共有しましょう。

予算の決定

3つ目は、予算の設定です。動画制作は予算の規模によって内容が大きく変わります。動画の長さだけでなく、アニメーションを用いるか、ナレーション、キャスティングをどうするかにもかかわります。

また、制作が進む中で追加料金が発生する場合もあります。制作費が青天井にならないためにも、予算の上限をあらかじめ制作会社に伝え、その範囲内で提案を求めた方がよいでしょう。

納期設定

忘れず決めておきたいのが納期です。動画をいつ、どのように使用するのかを踏まえた上で、納期を設定します。動画が最終的な完成に至るまでには、1~2回の修正が入ることもあります。修正が入ることも想定し、スケジュールに余裕を持たせておくとよいでしょう。

動画の内容によって異なりますが、依頼から納品までは平均1~1.5ヶ月ほどかかると言われています。撮影から編集、最終化に至るまでのスケジュールを制作会社に提示してもらうとよいでしょう。

動画ファイルはサイズが大きくなるため、メールなどでは送信不可能なケースも想定されます。納品方法についても事前に確認しておくことをおすすめします。

利用シーンを想定

完成した動画をどのように公表するかについても、あらかじめイメージを固めておきましょう。

イベントのオープニング映像として使うのか、街中のデジタルサイネージで流すのか、SNSなどで配信するのかによって、動画の長さやフォーマットが変わります。事前に決まっていなければ、制作会社と相談して利用シーンを固めていってもよいでしょう。

動画を複数のシーンで活用するのも効果的です。予算に余裕があれば、尺を変えた複数パターンを用意できる場合もあります。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

動画制作の依頼時にあると便利な資料

次に、動画制作を依頼するときに用意しておくと便利な資料について、説明します。

自社や商品の特徴などがわかる資料

制作会社は依頼元の会社や商品について、十分な知識を持っていない可能性があります。依頼元をよく知らないまま動画制作を進めれば、制作途中で認識のずれが露呈し、想定していたイメージと異なる動画ができてしまうかもしれません。

そうした事態を回避するためにも、可能な限り制作会社と認識を共有しておくことが重要です。自社の特徴や競合他社にはない強み、訴えかけたいブランドイメージなどがわかる資料を準備しておきましょう。

会社によっては、イメージカラーやシンボル、ロゴデザインなどを統一している場合もあります。フォントなどを含め細かい規定がある場合には、必ず制作会社と情報共有しておきましょう。

参考動画

参考動画は制作会社と完成イメージを共有するのに役立ちます。具体的に言葉で詳しく説明しても、思い描くイメージは人によって異なるかもしれません。参考動画を用意できれば認識のズレが起こりにくく、効率よく担当者間のイメージを近付けていきやすくなります。

また自社が目指すクオリティと近い参考動画を、制作会社に見せることで、大まかな制作費のめどを付けてくれるでしょう。自社が目指す動画のクオリティと予算とがかけ離れている場合も少なくないので、参考動画は予算をすり合わせていく上でも有効です。

さらに、参考動画は制作会社が準備するサンプル動画の代わりにもなり得ます。そうなれば、制作会社はサンプル動画を作る手間が省けるため、予算を節約したり、その分を動画制作に回したりもできます。

制作会社を選ぶ3つのポイント

最後に、制作会社を選ぶにあたり、チェックしておきたい3つのポイントを紹介します。

5年以上の制作実績

1点目は、その会社に実績があるかどうかです。

動画制作は比較的新しいビジネス領域ですが、厳しい競争環境にあるため、業界から撤退する会社は少なくありません。

5年以上の制作実績があり、大手企業からの依頼を受けたことがあるなら信頼性はより高いと言えます。加えて、CG・アニメなど、依頼したい動画のジャンルと制作会社の得意分野が一致していれば、より完成品に期待が持てます。

料金体系が明確

2点目は、料金体系が明確かどうかです。

見積もりの内容が曖昧でわかりにくいと、追加的に費用が膨らむ恐れもあります。結果的に予算オーバーとならないためにも、「見積書に費用内訳が明確に記載されているか」「どこまでが基本料金に含まれ、どこからがオプション料金となるのか」が明示されているか確認しましょう。

料金体系のわかりやすい会社を選んだ方が、想定外の出費が必要となるリスクを抑えられます。

制作体制の整備

3点目は、制作体制が整っているかどうかです。

動画制作には企画・撮影・編集・確認・納品といった流れがあり、それぞれのプロセスで高いクオリティが求められます。自社スタジオがあるかどうかや撮影機材の充実ぶりは、制作会社のレベルを推しはかるバロメーターとなります。また、動画制作会社の中にはクラウドソーシングなどを活用したり、外注しているケースもあるため品質にばらつきがあることも懸念されます。そのようなケースに合わないために体制についてはしっかりとヒアリングするようにしましょう。営業担当者が迅速に対応し、依頼主の要望などをきちんと反映できるかも、重要なポイントです。

まとめ

よりよい動画をつくるためには、たとえ外注するといっても、発注側にしっかりとした準備が必要です。制作の目的やターゲット、利用シーンなどが明確になっていなければ、制作の方向性は定まりません。事前に社内で入念に打ち合わせをしておきましょう。

その上で、依頼主の希望にそった質の高い動画を制作できるかは、制作会社の腕にかかっています。その点、ヒューマンセントリックスは大手企業の案件も手がけるなど、動画制作の実績が豊富でノウハウも十分に蓄積しており、目的に合わせた提案が可能です。動画制作に関してお悩みのことがあれば、ヒューマンセントリックスにご相談ください。

CTA

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

動画制作の勘所 -失敗しないための7つのポイントを解説-

動画制作全般

動画制作のコストを圧縮するための確認すべき事項をご紹介

動画制作全般

事例取材で動画を制作する際に必要な6つのチェックポイント

動画制作全般

動画制作の流れとは?各工程のポイントと合わせて解説!

動画制作を依頼する際に準備しておきたいポイント5つ

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事