シャッタースピード

 株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のこと。シャッターが開くことによりレンズを通して入ってきた光がフィルムや撮像素子に当ります。そして像を得られるわけですが、シャッターが開いている時間が長ければ光が当たっている時間が長い、時間が短ければ光が当たっている時間が短いことになります。

シャッタースピードには1秒、1/50秒、1/60秒、1/100秒、1/500秒などのように表します。スピードを変えると動いている被写体の写り方が変わります。例えば、早ければ早いほどシャッターが空いている時間が短いので一瞬を捕らえることに近くなっていきブレない画を写せます。ビデオカメラなど動画においては物理シャッターがないものが多く電子的にシャッタースピードを制御しています。

お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)