上手

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

主に舞台や撮影で使われる言葉で、舞台に向かって右を差します。上座とも呼びます。逆に舞台に向かって左を下手・下座と呼びます。単に左右で区別をしない理由は、舞台に立っている人と、カメラ側に立っている人で相対する位置となるため、左右で呼び合うとそれぞれが逆の方向を差してしまい、混乱が起こることがあったため、どちらにいてもどちらが上手で、どちらが下手になるかを定義したとされています。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)