絞り

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

カメラ(レンズ)に取り込む光の量をコントロールする機構。光が入る穴の大きさを変化させることで取り込む光の量を調整し、この光の量を数値化したものを「F値」という。また、絞りを変化させることでピント(被写界深度)の合う範囲も変わり、全体にピントを合わせたり、背景のぼかし表現なども可能になる。

  • 【絞りを絞る(穴を小さくする)=F値を大きくする=背景のぼかしが小さくなる】
  • 【絞りを開ける(穴を大きくする)=F値を小さくする=背景のぼかしが大きくなる】
  • 【絞りを開放(穴を最大まで大きくする)=F値を一番小さくする=背景のぼけが最大】

絞り込みすぎると細部がぼやけてシャープさが失われるため、注意が必要。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)