社長のメッセージ動画を効果的に行う方法とは

 2021.11.22  株式会社ヒューマンセントリックス

CTA

社長のメッセージ動画の活用の幅が大きく拡がっています。消費者や就職活動者に向けての企業紹介、従業員へのビジョン説明など、さまざまな場面で大きな効果を発揮しているのです。

社長のメッセージ動画を効果的に行う方法とは

Webページ上の文字情報メインの情報と違い、動画だと社長の熱量や想いがリアルに伝わりやすいのが特徴です。社長本人や企業の魅力をクリアに伝えることができ、結果、視聴者の信頼感も高まるという利点があります。

しかし、ダイレクトに伝わるからこそ、配慮が必要な部分もあるので、ポイントを押さえて取り組むことが必要です。

本記事では、社長メッセージ動画の特徴、導入するメリットと具体的に作成する上でのポイントなどをわかりやすく解説します。

社長メッセージ動画とは

社長のメッセージ動画では、たとえ短時間の動画だとしても、企業のトップである社長のビジョン、熱量、想いなどを顧客や社員へ非常に効果的に伝えることができます。

昨今の社長動画は、社員だけではなく、消費者、取引先、就職活動者などに向けて、さまざまなシチュエーションで利用されます。Webページに載せられるような文字と画像だけの単調なメッセージと違い、動画でのメッセージは社長の肉声をメッセージとして伝えることができるのが大きな特徴です。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

社長メッセージ動画を作成するメリット

では、ここからは社長のメッセージを動画で作成するメリットを具体的に見ていきます。

新卒採用で有効

社長のメッセージ動画を作ることのメリットとして、新卒採用に非常に有効な点が挙げられます。

就職活動中の新卒の人は、就活のためにさまざまな企業のホームページを読み込むなど、企業研究をしています。多くの企業の中で、まだ社長メッセージを動画で公開しているところは、多くはないため、際立ちます。結果、就活生への差別化となります。

また、社長のインタビュー動画は文字情報と比べて、社長の伝えたいことが正確に理解でき共感されやすいのがポイントです。会社の社会的役割、将来に向けてのビジョン、真に求める人材などがダイレクトに伝わってきてわかりやすいため、深く共感した人材をピンポイントに集めることができます。

社風がメッセージより伝わりやすい

社長の動画メッセージのメリットとしての2つ目は、動画のほうがテキストのメッセージよりはるかに多い情報量で社長のメッセージを伝えることができるという点です。

動画はテキストと写真の組み合わせの5000倍もの情報量があると言われています。

また、1分間の映像には文字情報に換算して180万文字分の情報伝達量があるそうです。

180万文字はウェブページ3600枚分にあたり、それを読もうとすると相当な時間がかかりますが、映像の場合、たったの1分で伝えることが出来ます。

また、動画には視覚情報と聴覚情報の両方が含まれます。つまり、メッセージの内容だけではなく、会社のシンボルである社長の持つ熱量、感情、人柄、細かいニュアンスなど非言語的な情報をたくさん伝えることができるのです。結果として、視聴者は、テキスト情報以上に社風をリアルに感じることができます。

安心感・信頼感につながる

社長の動画メッセージのメリットとしての3つ目は、視聴者が企業や社長に対する安心感と信頼感を得やすい点が挙げられます。

メッセージと画像のみで社長のメッセージを伝えるよくある企業のホームページの場合、どうしても読み手がその企業なり社長のイメージをするにも限界があります。

動画と比べて、非言語的情報は伝わってこないため、社長の人となりまではイメージできず、その企業は洗練された雰囲気が持ち味なのか、もしくはアットホームな雰囲気が強みなのかまでは想像がつきません。

その点、社長の動画メッセージの場合は、企業の雰囲気、社長の人柄等、判断する要素となる情報が豊富なので、結果的に視聴者にイメージする余地を与えるのです。

BGMや編集によってブランド訴求しやすい

社長の動画メッセージのメリットの3つ目は、BGMや編集によってさまざまな演出がしやすい点があげられます。その結果、ブランドの訴求がしやすくなります。

動画の一番大きな特徴は、音楽や映像を駆使できる点です。目的に叶ったイメージを演出し、自由にブランドのイメージを印象付けができます。また、テロップなどの文字情報で主張を強調して伝えたいメッセージをより際立たせることもできます。

結果的に企業のブランド価値が高まり、企業イメージの向上に繋がります。

社長メッセージの訴求を高める方法

社長メッセージの訴求を高めるには、いくつかの方法があります。

重要なポイントは、メッセージのターゲットを明確に設定することです。

就活生へ向けてなのか、一般消費者に向けてなのか。取引先もしくは株主を想定したメッセージなのか。ターゲティングを徹底して行うことで、シナリオも変わります。

シナリオを作成する

メッセージをどういった人に送るのかのターゲティングが完了したら、次に動画のシナリオを構成します。

視聴者の心に刺さる動画にするには、最終的に視聴者にどう感じてほしいかを、動画プロジェクトの担当者自身が明確にする必要があります。そこがクリアになれば、「どのような内容を話すのか」「どのような話し方をするのか」など、動画のベースとなる部分を決めることができます。

社長が単独で話すというシナリオの他に、インタビューアーに質問をうける形態のシナリオもあります。利点としては、インタビューアーの質問によって異なる角度から社長のビジョンが浮彫となり、単独で撮影するメッセージ動画にはない、新鮮な視点を提供できる場合があります。

テロップやカットなど動画編集する

視聴者が社長のメッセージを正確に受け取るには、動画を戦略的に編集することが重要です。

たとえば、強調したいメッセージやインタビューアーが質問した内容をテロップとして画面に流すのも有効です。ハイライト効果で、視聴者は社長の語る内容についてメリハリをもって受け取ることができます。

また、視聴者を飽きさせない工夫も必要です。社長の顔のみの撮影でも、時折、別方向からカットを入れるなど変化を与えることで、視聴者の退屈を防ぐことができます。

メーカーであれば、企業の商品のイメージカットなども有効です。異なる映像を挟むことで、新鮮な演出ができるため、視聴者の目を惹くことができます。

その他、社長が話しているときに少し長めの間があれば、動画ではカットすることも重要です。なぜなら、Webの視聴者は動画のテンポに敏感なので、少しでも間があくと、離脱してしまう傾向があるからです。

テンポの良い動画の流れを意識し、カメラアングルを変えるなどの退屈させない工夫をして、視聴者が離脱したくならないような配慮が必要となります。

まとめ

本記事では、社長のメッセージ動画の特徴、メリット、シナリオや構成、動画編集のコツをご紹介いたしました。

社長メッセージ動画によって、視聴者は、企業のビジョン、社長の熱量や想いなどを臨場感もって感じることができるのが最大のメリットでしょう。

この記事で、動画情報の特徴や編集のポイントを効率的に押さえて、ぜひ社長の肉声を多くの人に届けてください。

CTA

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

企業紹介・会社紹介を動画で制作するメリット

動画制作全般

企業VP(ビデオパッケージ)とは?その目的やメリットを解説

動画制作全般

インフォグラフィック動画とは?特徴と効果、そして事例を解説

動画制作全般

動画配信とは?3つの形式の得意・不得意を理解する

社長のメッセージ動画を効果的に行う方法とは

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事