後悔する前に知っておきたい優れた動画制作会社の特徴と見極め方

 2022.08.10  2022.08.25

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス

近年、認知度拡大や売上向上のため動画を活用する企業が増えています。自社で動画制作のノウハウがない場合、制作会社に依頼することになりますが、どういった基準で会社を選べば良いのか迷うことも多いでしょう。

しかし、インターネットで調べてみると世の中には多数の動画制作会社が存在します。ゆえにどの企業が良いのか迷うことも多いのではないでしょうか。本記事では、一般的に優れた動画制作会社の特徴をご紹介します。動画制作会社へお声がけする前に一度ご確認いただければ幸いです。

post-video-on-homepage

優れた動画制作会社の特徴とは?

前述した通り動画の制作会社は小規模なところまで含めると非常に多いので、どこに依頼すれば良いか迷う方も多いでしょう。優れた動画制作会社には、いくつか共通する特徴があります。制作会社を選ぶ際は、以下のポイントに着目しましょう。

料金の内訳が明快である

動画制作を依頼する際は、料金体系を明確にしている制作会社を選びましょう。料金の内訳がはっきりしていないと、請求された料金が見積もりと大きく違う、契約後にたびたび追加料金が発生するなど、後でトラブルになる可能性があるからです。

とはいえ、動画の制作費はケースバイケースなので、ホームページなどで料金を明示するのは難しい場合があります。しかし、良心的な制作会社なら打ち合わせの段階で具体的な見積もりを出し、費用のくわしい内訳や、オプションについても説明があるはずです。費用の内訳について事前に明確な提示がないところは、避けた方がよいでしょう。

企画力が高い

企画力とは、クライアントの要望や意図をくみ取って、具体的な提案を行う能力のことです。動画を依頼する側は映像のプロではないので、目的やターゲットははっきりしていても、それをどう動画で表現すればいいのか具体的なイメージまでは描けていないところもあります。

企画力のある会社なら、曖昧なイメージからでも意図を的確にくみ取り、効果的な表現方法を絵コンテなどで具体的に提示してくれるでしょう。企画力の有無を判断するには、その会社が過去に手がけた作品などが参考になります。

万全なサポート体制を備える

制作会社の中には、動画を制作して終わりというところも少なくありません。社内で動画を活用したコンテンツ運用のノウハウがあればそれで問題はありませんが、動画の制作自体初めての試みであるような企業は、サポート体制の整った制作会社を選ぶとよいでしょう。

納期までのスケジュール管理や、撮影・編集の手配などはもちろんのこと、中には効果的な動画の活用方法や、ニーズに合ったコンテンツ展開までアドバイスしてくれるところもあります。

また、動画のチェックや修正に対応してくれるか、事前に確認しておくことも大切です。納品前に内容を確認させてもらい、もし変更したい箇所があった場合は、誠実に修正対応してくれるところを選ぶとよいでしょう。

豊富な制作実績がある

制作実績が豊富なところは動画の多様なノウハウを持っています。実績をチェックするには、ホームページなどに掲載されている過去作品や制作本数、取引先などをチェックするとよいでしょう。また、ホームページなどを確認すると得意領域や分野、得意業種、利用シーン、得意な配信プラットフォームなどもわかるはずです。

特に、希望する動画と同じジャンルの制作実績があるところを選ぶと、打ち合わせなどでイメージを伝えやすくなります。 ただタレントなどを使った実写映像の場合は、契約や権利の関係で会社のホームページに映像を掲載できない場合もあります。気になる場合は、直接問い合わせてみるとよいでしょう。

制作スタッフを社内で抱えている

制作会社によっては制作を社外に投げる企業もあります。また、クラウドソーシングなどに依頼するケースもあるようです。良い制作会社の場合には、制作から納品に至る多くを社内スタッフで賄うことが多い特徴があります。実際に社内体制に関してヒアリングしてみると良いでしょう。

ちなみに社員で納品までを実施している企業の場合には、社内での情報が蓄積されるために均質化した動画を長い間保ってくれるという特徴が出てきます。そのためブランディングという観点でも制作会社の社内体制は重要になります。

動画マーケティングに精通している

企業が依頼する動画には、認知度の向上や売上アップなどの目的があります。いくら完成度が高くても、その目的を達成できない動画では意味がありません。そのため、動画制作会社は動画マーケティングに精通したところを選ぶようにしましょう。 動画マーケティングのノウハウを持った制作会社であれば、認知度アップのためには動画内で社名を繰り返すなど、目的達成のための具体的な提案をしてくれます。ただかっこいい・綺麗な動画を作れるだけでなく、ビジネス的な視点で目標にコミットできる制作会社がおすすめです。

実績動画のクオリティ

その制作会社が過去に手がけた動画は、クオリティを判断する重要な材料になります。ホームページなどで動画が公開されているのなら、依頼する前にぜひチェックしておきましょう。 ただ、先にも述べたように契約などの関係で公開できない動画もあります。打ち合わせの段階で未公開の動画も見せてもらえるようであれば、それも合わせて自社が求める動画を制作できる会社かどうか注意深く確認しましょう。

作りたいイメージを実現できる会社かどうか

アニメーションや実写など、作りたい動画の具体的なイメージがあるなら、それを実現できる技術や環境があるか確認しておくことも大切です。ホームページなどに掲載されている実績動画は、制作会社の技術レベルを判断できる材料のひとつです。また、ホームページなどで得意分野や使用可能なソフト、自社スタジオの有無や所有する機材などが掲載されていれば、そちらも参考にするとよいでしょう。 
成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

まとめ

一口に映像制作会社といっても、得意ジャンルはさまざまです。イメージ通りの映像を制作してほしいのなら、事前に過去の作品をチェックするなどして、特徴や得意分野を把握しておくようにしましょう。さらに、動画を使って集客や売上向上を目指す場合は、動画マーケティングにも精通した制作会社を選ぶことをおすすめします。

株式会社ヒューマンセントリックスは、法人向け動画に特化した制作会社で、豊富な実績に基づいたノウハウが強みです。動画制作を依頼する会社にお悩みの場合は、ぜひ株式会社ヒューマンセントリックスでの制作をご検討ください。

制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

タイムラプスとは?撮影方法や効果について解説

動画制作全般

動画制作やライブ配信のための自社スタジオ構築の具体的な進め方と価格について

動画制作全般

メタバースとは?背景やビジネスにもたらす影響を解説

動画制作全般

動画制作のヒアリングシートとは?失敗のない成果物のためにその目的と項目を理解する

後悔する前に知っておきたい優れた動画制作会社の特徴と見極め方

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事