専務取締役

お客様の安心を担保するコーポレート・ガバナンス

江頭 啓二Top Management

福岡県出身。九州大学を卒業後、1991年よりメーカー系のシステムエンジニアとして10年間勤務。その後、ITコンサルタントとして外資系ITベンダーに転籍した際に、代表取締役の中村寛治と出会いヒューマンセントリックスの創業メンバーとなる。システム系や業務プロセス、バックオフィス系を中心に会社の運営に携わる一方で、法務部門の責任者としてコーポレート・ガバナンスを担う。

お客様が制作会社に求めるもの

近年、委託先の不祥事によって発注元であるお客様自身が社会的な信用を失ってしまうという事例が相次いでいます。このため、お客様が制作会社を選定する際に重要視するポイントが「価格の安さ」から「信頼、安心」にシフトしており、リスク管理に敏感なお客様ほど、この傾向は顕著であるように感じます。

お客様が制作会社に求めるもの

コーポレート・ガバナンスの重要性

創業当初、我々は「価格の安さ」こそお客様が求めているものであり、最大のセールスポイントになると考えていました。しかしながら、我々の価格の方が安いにも関わらず我々を選んで下さらないお客様も多くいらっしゃいました。お客様が求めているものは価格だけではなく「この会社に任せておけば間違いない」という信頼や安心感であることに気づき、コーポレート・ガバナンス体制の構築・強化に努めてきました。

コーポレート・ガバナンスの重要性

強力な法務部門

弊社の法務部門は弁護士、会計士、社会保険労務士、セキュリティコンサルタントと連携した、非常に強力な体制をとっています。社内のコーポレート・ガバナンスはもちろん、お客様からお預かりした情報を管理するためのセキュリティ基準など、お客様の安心を担保するための様々な施策や業務プロセスの改善などを行っています。

 

強力な法務部門

喜びを感じるとき

実際のところ、価格だけで比較すれば、我々より安く動画を制作する会社や個人事業主は多く存在します。それにも関わらず、お客様が我々を選んで頂けることは大変嬉しいことです。価格だけではなく信頼や安心を重要視するリスク管理の意識が高いお客様が、弊社に対して安心を感じて頂けることは我々にとって大きな喜びです。

 

喜びを感じるとき

お客様へのメッセージ

様々な動画配信サービスが登場し「ネット動画」という言葉が一般的になるに伴って、動画を制作するクリエータも急増しました。「動画制作」というキーワードで検索すると、動画制作を専門とする会社から個人事業主まで膨大なページがヒットします。どのサイトでも「高品質」や「超低価格」を謳っていて、どこに依頼すればいいか困ってしまうのではないでしょうか?弊社は品質の高い動画をリーズナブルな価格でご提供することはもちろんですが、お客様に「安心」をご提供することができます。これは価格のようにわかりやすく目に見える部分ではありませんが、制作会社を選択する上では最も重要なポイントであると考えています。業界でトップクラスを誇る制作実績や、強力な法務部門によるコーポレート・ガバナンスの徹底、情報セキュリティ体制など、創業以来培ってきたノウハウが、お客様の安心を担保します。

お客様へのメッセージ

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

動画制作に関することなら何でもお気軽にご相談ください。