福岡制作部

今を生きろ

井手 優希Creator

学生のとき、サークルの行事で初めて映像をつくりました。質の高いものではありませんでしたが、多くの人に喜んでもらえ、映像が持つ人の心を動かす力に魅かれました。就職活動をするうえで、顔も見たことのない誰かの人生に自分の作った映像が寄り添えたら素敵だと思い映像制作の仕事を志望しました。すぐに縁はありませんでしたが、メーカーの企画部門での仕事を経て、2020年ヒューマンセントリックスに入社いたしました。

制作するうえで気を付けていることは?

コミュニケーションです。まだ出来ないことも分からないことも多いので、認識の違いが生じないよう、曖昧な部分は先輩や営業に詳細まで確認します。確認をとる際は、内容を把握しやすく、返答しやすい文章や訪ね方を心がけています。

fukuoka25-03

あなたのおすすめの作品は?

赤西仁の『HEY WHAT'S UP?』という曲のMVです。洋楽っぽい楽曲に乗せて、東京がクールに表現されています。初めてみたときはずっと見とれていました。10年近く前の映像とは思えないかっこ良さと新鮮さがずるいです。

井手 優希

あなたの座右の銘は?(またその理由?)

『Yesterday is history. Tomorrow is mystery. Today is a gift, that's why it is called the present.』大学の卒業式の日にゼミの教授から頂いてずっと大切にしている言葉です。明日があるのは当たり前じゃないし、昨日までのことを悔やんでも何もうまれません。だから今日目の前にあることに一生懸命取り組み、今日を積み重ねていきたいです。

井手 優希

会社のどんなところが面白いですか?

多種多様な業種・業態のお客様の映像を制作できるところです。案件を通して、多方面の知識を得らます。普段の生活と結び付けて発見があるので、毎回知らない世界を知っていけてるようなわくわくを感じながら仕事に取り組めてます。

井手 優希

人生で一番テンションあがった瞬間は?

散歩していたら、4年間ほぼ毎日見続けているYouTuberが目の前から歩いてきたことです。たまたま彼が福岡に来ていたタイミングに、私も普段歩かない道を歩いていて出会えた偶然の重なり具合に非常にテンションが上がりました。勇気を出して一緒に写真を撮ってもらいましたが、緊張のあまり終始しどろもどろでした。かっこよかったです。

井手 優希

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)