福岡制作部

一文は無文の師、他流に勝つべきにあらず。
きのふの我に今日は勝つべし。

平坂 大輝Creator

学生時代、サークル内で比較的PCに詳しい方という理由で、フリーソフトを使用して初めて映像制作を行う。そこで得られたリアクションに心を動かされる。就職活動は各方面で取り組むものの、紆余曲折後、営業職として社会人生活をスタート。しかし、働くうちに学生時代に感じたものを忘れられずに思い立って退職し、学校に通いながら当時の仕事と並行しつつ映像の勉強を開始。その後、2016年に入社して今に至る。

制作するうえで気を付けていることは?

制作者として、視聴者として、2つの視点をもつことを意識して取り組んでいます。大前提のことかもしれませんが、見てくださる方の目線や気持ちは特に意識するように心がけています。「より分かりやすく」そのために制作者として一工夫を何か施せればと考えています。技術や表現の幅はまだまだ未熟ですが、付加価値をつけて伝えたいことを伝えられるように努めます。

制作するうえで気を付けていることは?

この仕事をはじめたきっかけは?

そもそもは動画が好き!ということは一切なかったです。学生の頃に、所属する学部で4年生の方々の卒業パーティがあり、そこでプレゼントとして動画を制作したのが、最初の制作でした。何をどうすればいいか分からない状態で、持っているPCで起動しそうな編集用のフリーソフトを探すところから始めたくらいでした。結果、できあがったのは映像や写真をつぎはぎしたものに、BGMがついているだけというのものでした。

ところがそれに対して、卒業生の方々は喜びの反応をしてくださいました。そのリアクションが、それまでに感じたことのなかったやりがいを自分の中に芽生えさせてくれました。いつか制作を仕事に、制作を武器にしてみたい、と思ったのはこの時だと思います。ただそんな思いはずっとあったものの、こんな未経験を働かせてくれる場所はあるのかと思っていた時に出会ったのがヒューマンセントリックスでした。まだまだ未熟者ですが、日々精進できるよう初心を忘れず努めて参ります。

この仕事をはじめたきっかけは?

あなたのルーティーンを教えてください。

中学生の時からの習慣で週に一度は、竹刀を手にとり素振りをします。
その他では・・・
気持ちを高ぶらせたい時は、好きなプロレスラーの入場曲もしくは、SHISHAMOというバンドの曲を聴いて散歩します。

あなたのルーティーンを教えてください。

会社のどんなところが面白いですか?

仕事に対して全力で向き合うことはもちろんのこと、仕事を終えた後の飲み会等にも全力で向き合って楽しむ所です。そういった部分に皆さんの温かさに加えて、個性を感じることができ、ここで良かったと実感できます。

会社のどんなところが面白いですか?

こだわりの仕事道具

直接の仕事道具ではないですが、重りです。上半身用、手首足首用、膝下用の3種類です。学生時代より身に着けることが習慣になっていたのですが、それが今も続いているといった状態です。ただ、常に身につけているわけではなく、心に追い込みをかけたい時や引き締めたい時に身に着けています。
※春季/秋季に限ります。夏季/冬季は身に着けるのは稀です。

 

こだわりの仕事道具

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)