福岡制作部

今まで見てきた景色×周りの人々=自分

荒牧 大介Creator

電気工事士になりたかった高校時代にとあるローカルバラエティ番組に(いい意味で)頭を狂わされ、映像の道を志す。
福岡の専門学校に通い、映像を学び、卒業後、ウエディングの映像にかかわる仕事をしていたがヒューマンセントリックスに勤めている友人に話を聞いたのがきっかけで2016年ヒューマンセントリックスに入社

制作するうえで気を付けていることは?

お客様の視点になって理解ができるのか
ヒューマンセントリックスの作る動画は様々な視聴者層があります
その製品を利用する方々や、その会社について知りたい方々や既に知っている方々、中には一般の方々
毎回動画を作るたびにその方々の視点に立ち替わって、理解していただけられるのかというのを意識し気を付けています。

制作するうえで気を付けていることは?

あなたが影響を受けた作品は?

sumika『雨天決行』
20歳になった年に出会った、sumikaというアーティストの楽曲です。
20歳になるという、一つの人生の節目に出会ったというのも大きな点ですが、もう一つに歌詞があります。
『生まれ落ちた排泄物 汚くて恥ずかしい筈が 極稀にこう言われるんだよ 「綺麗だね、素敵なものだね」』
これは、我々がしている仕事にも通ずるものがあり、自らの手で生み出してきたものに頂くお客様などからの喜びのお言葉
ひとつ一つがまた次の映像を創ることへの原動力に変わっていきます。

あなたが影響を受けた作品は?

尊敬する人物は?

職場の同僚や、先輩方、友達、家族、自分の周りにいる人全員です。
みんなそれぞれに自分の持っていないものを持っていて、驚かされる方々ばかりです。
そんな人々を目標にし、日々前進していきたいと思っております。

尊敬する人物は?

会社のどんなところが面白いですか?

会社名が『ヒューマンセントリックス』と言うだけあって、やはり人です。
福岡制作部の皆様は個性的で面白い方が多く、さらにそれぞれクリエーターとしていろんな武器を持っています。
東京のメンバーともビデオ会議通話でつながっており、1000キロ近く離れているはずなのに、そのことを全く感じさせません。
そんな会社の人々と毎日顔を合わせて仕事ができていることが自分にとっても面白く、毎日動画制作に打ち込めております

会社のどんなところが面白いですか?

人生で一番テンションあがった瞬間は?

2016年12月23日(金曜日)
福岡の誇るヤフオクドームで行われた音楽フェス『AIR JAM 2016』に行ったときです。
あの日のことは今でも鮮明に覚えていて、オープニングアクトが演奏をする頃には気づいたら目から涙が溢れだし、終わる頃には、その日初めて会った人たちと肩を組んで大合唱、ただひたすらに幸せな時間に浸っていました。
あの日、自分の目の前で行われていた出来事がどうしても現実に思えず間違いなく人生で一番テンションの上がった瞬間でした。

人生で一番テンションあがった瞬間は?

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

動画制作に関することなら何でもお気軽にご相談ください。