営業部

"分かりにくいことを、分かりやすく"

久米 翔太営業

2021年中途入社、元スーパーマーケット社員、訪問販売営業マン
趣味:囲碁、競技かるた

自分には何もないと思っていた過去

小中高は野球に明け暮れ、経済的に大学進学は叶わず、アルバイトしていたスーパーマーケットに就職しました。学歴コンプレックスと特別何かスキルの無い自分が嫌いでした。「自分は体を動かすことでしか社会に役に立てない」と思い込み、がむしゃらに5年ほど仕事し続けた結果、残業の多さに精神的にも肉体的にも限界を迎え、退職しました。しばらくフリーターを続け、リフォームの訪問販売の営業マンになりましたが、自分の仕事に誇りが持てず、「これではいけない!」と思い、自分の長所であるコミュニケーション能力を活かした営業マンになるべく、意を決してヒューマンセントリックスの門をたたきました。

過去

自分自身に+1していくことの大切さ

入社してからは、自分に出来ることはなにかを真剣に向き合う日々が続きました。自分がやってきたこととはまるっきり違う世界で驚きましたが、同時に一つ一つ覚えていくことに楽しさを見出しました。「一つ一つ積み重ねていく。自分に毎日+1をしていく」ことを意識するようになり、動画や配信についての奥深さも肌で感じられるようになりました。そして、ビジネスの現場で動画は本当に色々な場面で利用でき、目的を達成するためのツール、武器として最強だと気づきました。

現在
久米 翔太

想いをかたちにするスペシャリストに

人の想いは目に見えず、だからこそ人間関係でトラブルが起きたり、心が荒れてしまいがちです。様々な方の、様々な想いを、様々なかたちで表現できる、そんなプロフェッショナルな人材になりたいと思っています。そのために焦らず、自分に毎日一つ、+1をし続けて、いつか大きな人間になりたいです!

想いをかたちにするスペシャリストに

ちはやぶる想い

大人になってから競技かるたを始めました。決まり字前のちょっとした音の違いを認識して取りにいくスポーツで、相手よりも早く札を取れた瞬間は快感です。また、雑念を振り払い、自分のメンタルをコントロールしないと音を掴み取れない繊細な競技でもあります。音の違いを聞き分けるためには耳の良さも大事ですが、ある程度思い切った予測をすることも必要です。ビジネスの現場でも常に先回りしてお客様に対応できる営業マンになりたいと思います!

ちはやぶる想い

お客様へのメッセージ

ビジネスのサービスや製品は食べ物等と違い、分かりにくいものがほとんどです。また、セミナーでも複雑なことをきちんと分かりやすく説明するために、講演者は努力しています。そういった方々の想いを動画という目に見える物で表現するお手伝いをさせていただきます。元々、誰かのためになることをすることが好きでした。営業という肩書を背負っておりますが、気持ちは常に【お手伝いさん】です。業務を効率よくするために、製品をPRするために、様々なお手伝いをさせていただきます!

お客様へのメッセージ

お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)