第一営業部 三課

変化とチャレンジ

佐々木 拓音営業

大学卒業後、2015卒の新卒で営業として、ヒューマンセントリックスに入社する。営業として案件を獲得しつつ、撮影現場のディレクション、制作進行管理、スケジュール調整、社内外の関係者とのコミュニケーションなど、
幅広い業務に行う。

営業として案件を獲得する

大学生時代から、様々な営業を行ってきたため、「営業=新規案件の獲得」というイメージで、考えていました。しかし営業とは、新規獲得だけでなく、「顧客との信頼関係」を大切にし、ほぼリピート
顧客で対応するヒューマンセントリックスの営業というものに興味をもち、入社をすることを決め
ました。

過去

「お客様の信頼=次の案件を生み出す」

営業=仕事を取ってくること」ということに間違いはないですが、ヒューマンセントリックスでは、
それ以上のスキルが求められます。自分自身で、獲得した案件を納品まで対応する必要があるため、「とってくるだけの営業」では、仕事を完遂することできません。ですので、事前調整を行いつつ、仕事をとってくるという、通常より、高いハードルの中で、営業活動を行う必要があります。

このようなお客様から信頼でリピートいただける営業マンになれるよう、現在、頑張っています。

現在
佐々木 拓音

独立

いずれは独立して、会社を作りたいです。今は、会社やサービスへの信頼で、発注いただくことも
多く、まだ自分自身に信頼をいただいているとは言えません。
「佐々木さんにお願いすれば、この課題は解決してもらえる」といっていただけるような営業マンに
成長し、いずれは、自分自身の信頼だけでもきちんと仕事ができるようになりたいと思っています。

未来

営業とはなんなのか、、、

実は入社2年目までは、営業として、ダメダメでした。「営業=売る」
という意識が強すぎたため、お客様への貢献やサービスの価値というものを、見誤っていた期間がありました。

今は、サービスを通して、きちんとお客様に貢献できれば、自然と数字はついてくるものだと思い、仕事しています。
この意識に変わってからは、変に数字を意識していたときよりも、自然に数字が伸びていて、3半期連続で達成しています。

営業とはなんなのか、、、

お客様へのメッセージ

営業が案件に最後まで携われるところが、ヒューマンセントリックスの
良いところだと思います。映像の販売・単なる制作会社としてではなく、お客様自身のビジネスの課題に対して、私達で提供できる動画制作+@の付加価値で、これからも社会に貢献できればと思います。

お客様へのメッセージ

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

動画制作に関することなら何でもお気軽にご相談ください。