DESIGNROOM/A-Team

しなやかに、丁寧に、まっすぐに

芹沢 恵里子Creator

文系大学から事務職に就職するも、ものづくりを仕事にしたいという気持ちからスキル0の状態で映像製作会社に転職。
アシスタントをしながら編集を学び、エディターやディレクターの立場で映像制作に関わるようになる。
複数の制作会社を経て、2020年ヒューマンセントリックスへ。

表現することがひたすら楽しい

昔から何かを表現することが好きで、幼稚園の頃から20年ほど身体表現活動をしていました。
身体表現に限らず、絵を描いたり工作をするなどイメージを形に変えて表現することがたまらなく楽しかったです。
しかしながら、それ等を仕事にすることに不安を感じ1度は映像とは関係ない会社に就職しました。ですが日々表現したい気持ちが燻っていき、結果スキル0の状態で映像製作会社に転職を決めました。
当時はアシスタントや進行管理の立場で映像制作に携わることがほとんどでしたが、自分の手で表現したいという気持ちから独学で編集やデザインを学び、少しずつ編集やディレクションを任せていただけるようになりました。

過去

ヒントはどこにでも落ちてる

いくつかの映像制作会社を経て、ヒューマンセントリックスに流れつき、編集をメインに企画やディレクターを行っています。
動画の良いところは、生活の中にたくさんのヒントが落ちていることです。
雑誌のフォント、好きだと思う景色の色合い、おもしろい人の話の組み方、、、
全てのものが自分の作る動画の糧になってることを実感しています。
より日々を噛み締め、向上心をもって丁寧な動画作りに励んでいます。

現在
芹沢 恵里子

まっすぐ、丁寧でしなやかなディレクター

企画から納品までを1人で完結できるディレクターを目指しています。
映像を作り上げるために大切なことは全ての工程に1本の芯を通すことです。
同じように、まっすぐしなやかに伸びる芯を持つディレクターとして丁寧に動画や人と向き合い、
会社に、ひいては社会へと貢献していきたいです。

未来

とりあえずやる

今まさに取り組んでいる案件は現場ディレクターを伴う、私にとって初めての案件です。
緊張や不安もありますが、それ以上に自分の経験より一回り大きな機会をいただける環境に感謝しています。
謙虚な姿勢で、歩みを進めていきたいです。

とりあえずやる

お客様へのメッセージ

動画を構成する映像、デザイン、言葉、音楽、1つ1つを丁寧に積み上げていき
お客様にとっての最適を表現します。
一緒に動画を紡げる瞬間を楽しみにしています。

お客様へのメッセージ

お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)