DESIGNROOM 企画演出チーム

丁寧に、信頼を得ながら、自分を出していく

野崎 結Director

テンポと反射神経、真摯で丁寧な対応を心がけてます。

なんでもやる

社会人で働きながら、突然役者を目指し退職、養成学校にて四苦八苦しながら挑戦。一区切りをつけ、カメラの反対側へ舞台を移すため現在に至る。

経験の浅い人間でも、多くのことに携わり、ディレクターとして動けるので、日々多くを学びながら過ごしています。

過去

「映像」というものに対し、自分に合った角度から深く掘り下げていきたい。

シナリオを書いたり、撮影現場で映像や役者の動きを演出してます。演じる時とは違った視点で映像を見る必要があるため、日々勉強です。自分が作品の出来に責任を負うため、プレッシャーと誇りを感じながらやっています。

現在
野崎 結

自分で本一冊出版できるような、自分が演じられるような、作品を世に出す人間になりたい。

一人立ちを早くできるように。
自分の色というものを見つけ、また、作り上げ、作品に出るようにしたい。

未来

素直に相談してみたことで、 目標が明確になった。

入社当初は営業サポートという形でやっておりましたが、より映像を作る側の業務に携わりたいと考えるようになり、社長や周囲の理解もあって、現在の部で想いを実現させていただいております。

まだまだ、足を引っ張る存在だとは思いますが、周りの人間の助けを借りながら、助けられるところは力になって、日々頑張っていきたいです。

素直に相談してみたことで、 目標が明確になった

お客様へのメッセージ

一歩を踏み出す人をサポートしてくれる、会社がヒューマンセントリックスです。
何か心に靄がかかっているという人は、その一歩をヒューマンセントリックスが後押ししてくれますよ。

お客様へのメッセージ

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)