DESIGNROOM

ていねいに、しなやかに、まろやかに

外園 泰子Designer / Creator

大学院の理工学研究科を卒業後、2013年に入社。営業職として
3年間働き、その後クリエイター職へ転向。自身が考える「気持ち良さ」を
大切にしながら、日々クリエーションに取り組んでいます。

きっと夢なんてなかった

母が美術の先生だったこともあり、幼いころから表現の世界に親しみがあったので、ぼんやりと(わたしも何かで表現できる人になりたい)と思っていました。 その後、理系の道に進みましたが、ずっとその気持ちは消えませんでした。

洋服やぬいぐるみをつくる人になろうと思っていた時期もあれば、建築物や空間をつくる人になろうと思っていた時期もありました。そうして、いま、映像をつくる人をやっています。

過去

気持ちいいのがすき

心を持っていかれる映像をつくりたいと、常日頃思っています。あれ、すごく気持ちいいんです。皆さまにも感じてもらいたい。なかなか、自分の思うところには程遠いですが、少しづつでも近づきたいです。

そんな気持ちで、心を注ぎ込みながらつくっておりますので、自分の中身を放出しているような感覚におちいることがあります。時々チャージしないと壊れてしまいそうで、生きているなぁ、と感じます。

現在
外園 泰子

未来はだれにもわからない

映像かもしれないし、映像ではないのかもしれない。生き方はその時々の自分が決めますし、たどり着く先のことは決めていません。

願わくば、命のある限り1ミリづつでも成長しつづけられる人間でありたい。それが不能になるときは、この世界とさよならをするときでありたいです。

未来

好きを好きのままで

様々な趣味趣向や希望要望を、抑圧することなく受け止めてもらえる文化が、たくさんの人に支えられながらここに確かに存在していて、息がしやすく、自分のままでお仕事をすることができています。

とても、ありがたいことです。

好きを好きのままで

お客様へのメッセージ

あなたが伝えたいことは何ですか ?
心を注ぎ込み、形にするお手伝いをさせてください。

一緒に素敵なものをつくりましょう。

お客様へのメッセージ

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)