パース

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

「パースペクティブ」の略語。遠近法や透視図のことをいう。遠いものを遠く、近いものを近く感じさせる為には、(遠近法)近くにある物は大きくはっきりと見え、遠くにある物は逆に小さくぼかすことによって、表現することができ、例えばカメラを使用して撮影をおこなう際は、レンズなどによって遠近感の調節をおこなう事が可能となっており、遠近感の協調や圧縮などは焦点距離が短いまたは長いほどその効果が表れます。また、「パース」という表現は様々なシーンで用いられる言葉でもあり、絵を描く際や写真などを撮影する場合。または、建築業界やIT業界で使用されることもあります。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)