バウンスライト

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

光を壁や天井などに反射させて被写体に当てるライトである。照明を直接被写体に当てると強い影が発生するため、ナチュラルな画にするために壁や天井などに反射させて光を当てることがある。反射させることにより、直線的な光が分散されて広がるので、柔らかな質の光になるので、撮影現場では多々使われる手法である。

また、似たような効果をトレーシングペーパーなどによるディフューザーで作る場合もある。バウンスライトにとって注意すべきなのは、壁が白いということである。これが黒い壁だと光は吸収されてしまい、色が付いた壁だと光はその色を拾って被写体に当たってしまうからである。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)