箱書き

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

台本を書く前の段階で、ストーリーなどを場面ごとに並べて書いたあらすじのことで、箱割りとも言います。シナリオ作成の際、紙に書いた長方形の枠の中に一場面ごとに要点を書き込むこんだり、脚本などを書く際におおまかなストーリーをシーンごとに区切って、それぞれに詳細を書き加える作業も箱書きと呼びます。字幕を翻訳する際に、映像を見ながら、元の言語のスクリプトを一枚の字幕ごとに区切る作業を箱書きと呼ぶ場合も有ります。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)