ピン送り

 株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

カメラアングルは固定したままで、被写体の距離にあわせて、ピントをずらす方法。そうすることでピントの移動をすることができる。よく映画やドラマなどで見かける技術である。また、被写体が複数ある場合は、手前に焦点をあわせることを「前ピン」、後ろにあわせることを「後ピン」という。ピントとボケを使い分けることにより、背景から被写体が浮かび上がるような印象を与え、被写体をより引き立てることができる映像・画像となる。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)