採用活動に動画を活用するメリット

 2019.07.03  株式会社ヒューマンセントリックス

デジタル・マーケティングを中心に動画コンテンツの利活用が広がっています。最近では、採用活動に動画コンテンツを活用する企業はごく当たり前になりました。日本の風物詩といえば例年実施される“新卒採用”ですが、そこに動画コンテンツを取り入れることで企業にとってどのような効果があるのでしょうか?本稿では、採用活動における動画コンテンツ活用のメリットを解説しています。

採用活動での動画コンテンツ活用パターン

一口に、採用活動で動画コンテンツを活用するといっても様々なパターンがあります。一般的には①企業アピール、②社員インタビュー、③オンライン説明会、④動画面接という4つの分類になります。

① 企業アピール

採用情報にくわえて社内の様子や雰囲気などを、動画コンテンツを使って紹介することで、臨場感のある映像を作ることができます。淡々と会社紹介をするものもあれば、プロモーション映像のように音と映像を組み合わせてスタイリッシュに仕上げたものもあります。動画コンテンツの内容は「何をアピールしたいか?」によって多様に変化するので、目的を明確にすることが成功のポイントです。

<参考動画>

日本金属株式会社
https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1903-011

株式会社商業科学研究所
https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1903-004

② 社員インタビュー

企業アピール動画と合わせて活用されることが多いのが、社員インタビュー動画です。企業が社員にインタビューを行い、それを採用募集用の動画コンテンツとして活用します。企業に実際に勤務している社員の声を聞けたり、実際に業務を行う姿が見られたり、新卒者にとって企業の雰囲気などを知るきっかけになるため、企業について理解を得た上で応募してもらいやすいという特徴があります。

<参考動画>

資料ダウンロード

りらいあコミュニケーションズ株式会社
https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1806-014

株式会社トープラ
https://www.humancentrix.com/works/casestudy-1807-013

③ オンライン説明会

会社説明会といえば企業にて実施するのが主流でしたが、最近ではUSTREAMなどのオンライン動画配信サービスを利用して生放送で会社説明会を行う企業もあります。オンラインならば自宅から企業が遠かったり、海外に居住しているという新卒者も気軽に参加できます。物理的な距離を超えて優秀な人材に到達できるというメリットがあるのです。

④ 動画面接

近年登場した斬新な採用活動としては、新卒者が自分で撮影した動画を応募して面接するという方法です。動画面接を実施することで、学生側は緊張感のある面接会場よりも、自然な状態で話すことができるので、個性を演出しやすくなります。

採用活動に動画コンテンツを活用するメリット

では、具体的に採用活動に動画コンテンツを活用するメリットとは何でしょうか?

① 動画コンテンツでしか伝わらないものがある

企業にて行われる会社説明会では、重役や担当者が会社について色々な説明を行ったり、パンフレットを配布したり、新卒者がどういった企業かを理解するための努力をしています。しかしながら、多くの採用活動では人材とのミスマッチが起こりやすく、会社説明会での理解が不十分だということが読み取れます。

動画コンテンツを活用した採用活動では、テキストや画像、口頭での説明だけでは伝わらない部分まで伝達することができます。そうすることで人材とのミスマッチを未然に防ぎ、自社にとって最適な人材を効率良く採用できます。

② より多くの新卒者の目に留まりやすい

スマートフォンが普及した現代において、多くの新卒者は日常的に動画コンテンツを視聴しています。そのため、企業アピール動画やインタビュー動画を配信することで、より多くの新卒者に動画コンテンツが視聴されるようになります。国や地域を限定せずに動画コンテンツを配信できるため、優秀な人材の目に留まる可能性も高くなるでしょう。

③ テキストや画像よりも印象に残りやすい

動画コンテンツには映像に加えて音声を付けることができるため、視聴者の印象に残りやすいコンテンツが完成します。印象に残りやすいということは、より多くの応募者を集めることができ、その中から優秀な人材を発掘できるでしょう。

④ マーケティング的要素を盛り込める

動画コンテンツを活用した採用活動ではターゲットに対して効率良くコンテンツを配信することができます。YouTubeやSNSなど多様なプラットフォームでターゲティング機能を利用することができるため、マーケティング的要素を盛り込んでより多くのターゲットに動画コンテンツを訴求できます。

⑤ 低コストで効率良く採用活動ができる

動画コンテンツは視聴回数が増えるほど拡散力が高くなります。そのため、高いコストをかけなくても大量の応募者を集めることも可能です。

[RELATED_POSTS]

採用活動動画を成功させるポイント

たくさんのメリットを持つ採用活動動画ですが、成功させるためにはいくつかのポイントを押させることが大切です。ここではそのポイントについてご紹介します。

Point1. 動画コンテンツ活用の目的を明確にする

採用活動において動画コンテンツを活用する目的は、採用活動の効率化やより多くの人材募集などでしょうが、企業ごとに細かい目的があるはずです。この目的を明確にしておかないと、効果の出る動画コンテンツ制作はできません。採用活動で動画コンテンツを活用しようと考えたら、今ある課題から活用も目的を明確にしてみましょう。

Point2. コンセプトをハッキリと決める

動画コンテンツ制作ではコンセプトがハッキリしていないと、質の高い動画コンテンツは完成しません。たとえば企業アピール動画を制作する場合でも、企業ブランドの価値を高めたいのか、従来のイメージを払拭したいのかで制作する動画コンテンツは大きく変わります。コンセプトをハッキリと決めることで、制作すべき動画コンテンツがより具体的になるため、必ずハッキリとしてコンセプトを持ちましょう。

Point3. 信頼できる映像制作会社を選ぶ

採用活動で使用する動画コンテンツは一定以上のクオリティが必要なため、映像制作会社の動画制作を依頼することになるかと思います。その際に大切なのが、信頼できる映像制作会社を選ぶことです。まずは実績を確認した上で、制作コスト等を把握したり、実際に担当者にコンタクトを取って信頼できる制作会社どうかを見極めましょう。

◆動画コンテンツの可能性を広げよう!

いかがでしょうか?動画コンテンツを採用活動に活用することで、さまざまなメリットを得ることができます。従来から動画コンテンツの可能性は注目されていますが、昨今ではさらに動画コンテンツ活用が促進しています。

皆さんもこの機会に、動画コンテンツの可能性を広げて採用活動や、その他のビジネスシーンでどんどん動画コンテンツを活用してみましょう。採用動画に関して、弊社は多くの実績がございます。お声がけいただければ事例などを踏まえて最適なご提案をさせていただきます。

動画制作に関するお問い合わせ

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「新卒・中途採用動画制作」の最新記事


採用活動に動画を活用するメリット
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み