ワイヤーフレーム

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

3Dモデルを表現する際に用いる方法のひとつ。曲線や角に現れる頂点をそれぞれ線で結び、立体物を表現する方法。比較的情報量が少なく、表示速度が速いことから、3Dオブジェクトを制作する際の設計用として、初期段階で用いられることが多い。また、車やビルなどの内部構造を表現する際に、対象物以外の部分をあえてワイヤーフレームで表現し、対象物に注目させてより分かりやすく見せる効果として用いられることもある。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)