ワイド

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

広角レンズの略称。カメラ業界で一般的に使われる「35mmレンズ換算」では、焦点距離35mm未満のレンズを指すことが多い。また、広角レンズを使用して、広めの画角で構成された映像・画像をワイドショットと言うが、撮影の現場では単純に「ワイド」と呼ぶこともある。

ちなみに望遠レンズは「テレ」と呼ばれる。ワイドショットの特徴として、被写体の全体を見せることができる。奥行きや上下のパースがつくため、映像に迫力を出す際にも用いられる。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)