ワイドコンバーター

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

狭い室内や建物外観の撮影などで装着レンズの広角側画角だけでは映しきれない場合、レンズに装着することで、元のレンズの焦点距離よりも広角で撮影できるようにするもの。通称:ワイコンとも呼ばれる。ただしレンズのクオリティによっては画面周辺が暗くなったり、曲線状に歪んだりする場合があったり、ズームレンズ併用の場合画面周辺に「ケラレ」が発生するので利用には注意が必要。反対の機能を持ったものにテレコン:テレコンバージョンレンズがあり、1.5倍~2倍程度の望遠サイズで撮影できるようにするアダプターもある。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)