タングステン

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

動画制作では一般的に暖色系の光を放つ定常光を言いうあるいは撮影照明で色温度オレンジ色(3200K)を表現するときに使う白熱電球のタングステンライトは発光効率が悪いため、撮影現場はとても熱くなります。

現代ではその軽さ、消費電力、明るさ、耐久性の性能で白熱電球を上回るタングステンのLEDを使用する事が多い。タングステンライトの場合、機材レンタル価格は比較的に安価です。昔からある白熱電球のフィラメント(タングステン)から、この名前が付きました。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)