ダウンコンバート

 2019.10.31  株式会社ヒューマンセントリックス

高解像度で収録された映像や音声を、低解像度の映像に変換すること。例えば、テレビ放送で、アスペクト比も含め4Kから2K解像度に変換することや、フルHD(横1920×縦1080)の映像をSD(横640×縦480)でも映せるように、サイズ調整をするという作業などを指す。

ダウンコンバートにより、高解像度の映像を映せない機材でも高解像度の映像を見ることができるようになるが、画質が劣化する点は注意が必要である。弊社でも、お客様からご要望をいただき、お客様の使用環境(機器や容量など)に合わせて変換することが多い。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)