対談

 2019.11.05  株式会社ヒューマンセントリックス

あう2人の人物から話を聞きたい時に用いられる。話の流れの大枠は予め準備してある場合があるが、実際の現場ではその2人に自由に話し合ってもらうことを前提としている。

自由にお話頂くという点で、話し言葉も混ざりやすく対談者の個性がでるため、場合によっては、その場をより盛り上げるような話題を引き出せる。対象者の人数によって名称が変わり、対象者が1人であれば、インタビュー。3人であれば、鼎談。4人以上であれば座談会となる。どの手法も目的に応じで使い分ける必要がある。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)