板付き(いたつき)

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

カットの頭またはシーンの冒頭から出演者が既に画面の中にいることを「板付き」という。元々は舞台用語として使用されており、ステージの幕が上がった際に役者が既に舞台上に登場していることを表す言葉として用いられてました。映像業界では、撮影時(カメラが回り始めた時)に画面の中に既に出演者がいる状態のことをいう。
また、板付きの他に「カマボコ」と用いられる場合もある。「板付き」の反対の意味として使用される用語は「フレームイン」という。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)