イマジナリーライン

 2019.11.05  株式会社ヒューマンセントリックス

「想定線」とも呼ばれ、画面上に2人の人物が向かい合って並んでいるとき、その2人を結ぶ見えない線のこと。もし撮影しているカメラがイマジナリーラインを超えて反対側から二人を撮影すると、画面を見ている視聴者に二人の突然立ち位置が入替わって、瞬間移動したような錯覚を与えてしまう。その為カットを割る際にはこのラインをまたいではいけない、と一般に言われている。また、人物に限らず商品撮りやマンガなどでも、視聴者が被写体の位置関係の混乱を起こさないよう考慮し、常にイマジナリーラインを超えないよう注意が必要。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)