チルトシフト撮影

 2019.11.05  株式会社ヒューマンセントリックス

チルトシフトレンズ(ティルトシフトレンズ)を使った撮影のこと。レンズを水平方向・垂直方向に移動させてアオリ撮影を可能にする。通常の方法で高い建物などを近くから撮影すると遠近法が影響するので、全景を歪みなく撮影することが困難。

これを解決するためにチルトシフトレンズ(ティルトシフトレンズ)を使用する。原理については、レンズの光軸と撮像面(フィルムや撮像素子の感光面)を意図的にずらして逆の歪みを発生させ像の歪みを補正することで歪みを解消している。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)