SD

 株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

映像の画質や解像度の水準を表す用語で「標準画質」を意味する「Standard Definition」の略。画面上の画素数が640×480ピクセル前後、あるいは720×480ピクセル前後のものを指す。アナログテレビ、ビデオテープ、DVDなどがこの画質に相当する。これに対し、画素数が1280×720ピクセル前後や1920×1080ピクセル前後のもので、地上デジタル波やブルーレイなどは「HD(High Definition)」と呼ばれる。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)