解像度

 2019.10.30  株式会社ヒューマンセントリックス

映像素材のきめ細かさを表す。解像度を上げると、データ容量は大きくなり、画が滑らかになる。映像を映す媒体(ディスプレイモニタ等)の表示能力のことを指す場合もある。映像の解像度を高めても、実際に表示されるものは、映す媒体の表示能力に依存するので、動画制作の場合には、事前に表示媒体能力の確認を推奨。

一般的に使用されるのは、「フルHD」=1920×1080pix、「HD」=1280×720pix。また、動画制作途中で、解像度を上げる処理には工数が発生するので注意が必要。今後は4Kや8Kといったより高解像度の動画が多くなる。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)