アオリ撮影

 2019.10.30  株式会社ヒューマンセントリックス

被写体となる人物の目と同じ高さで撮影することを「アイ・レベル」や「目高」と呼ぶ。これは視聴者がもっとも落ち着いて見られる撮影手法で構図の基本とされているが、映像が平板で退屈に感じられることもあるため、カメラをアイ・レベルより下において、被写体を見上げるように撮影することがある。これをあおり撮影と呼ぶ。

あおり撮影は、被写体を大きく、尊大に見せる効果がある。インタビュー撮影のキーメッセージ部分等、BtoB動画では建物よりも人物をあおり撮影する場合が多い。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)