アニメーション

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

映画技法の一つで、少しずつ違う絵を1コマづつ撮影し、連続的に表示することで変化する絵や物によって発生する仮現運動を利用した技法。以前は、セル画と言って動かない背景画の上に、透明なフィルムシートを重ね絵を1コマずつ描いたものを連続的に見せる方法が主流でしたが、現在はパソコンなどコンピュータの発展・普及に伴いデジタルで制作するCGアニメーションが主流となっている。その他にも、紙で制作する「ぱらぱら漫画」や、粘土で制作する「クレイアニメーション」などがある。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)