ホワイトバランス

 2019.10.31  株式会社ヒューマンセントリックス

一定の光源のもとで白が白に見えるように調整すること。現場では"ホワイトバランスをとる"という言い方をよくします。

基本的には赤から青の範囲の調整である。日常のなかでは様々な種類色の光があると思いますが、代表的なものを挙げると電球などの赤っぽい光でタングステンと呼ばれるものと蛍光灯の光、それぞれ全く色が違いますね。

それぞれの光源の下でカメラにあるホワイトバランス調整機能を使ってホワイトバランスを調整します。調整しないとカメラに映る画の色がおかしくなってしまいます。ホワイトバランスのとり方としては光源の下で白い紙などをカメラで映し調整します。専用の調整チャートがありますが、コピー用紙などの白い紙でも問題ありません。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)