ユニバーサルデザイン

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

1980年代、米国ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏によって提唱された障害の有無・度合いに関わらず「あらゆる人が利用できるようにデザインする」ことを目指した建築(設備)、製品、情報などの設計(デザイン)のこと。

ユニバーサルデザインは下記7原則から構成されている。

①誰でも公平に使えること。(公平な利用)
②使う上での柔軟性があること。(利用における柔軟性)
③使い方が簡単でわかりやすいこと。(単純で直感的な利用)
④必要な情報がすぐに分かること。(認知できる情報)
⑤うっかりミスを危険につながらないこと。(失敗に対する寛大さ)
⑥身体への過度な負担を必要としないせず、少ない力で使えること。(少ない身体的な努力)
⑦利用のための十分な大きさと空間が確保されていること。(接近や利用のためのサイズと空間)

参照:THE PRINCIPLES OF UNIVERSAL DESIGN

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)