スクイーズ

 2019.10.30  株式会社ヒューマンセントリックス

放送設備等で映像データを送信する場合、本来の画面サイズが16:9比率の場合に、4:3比率のデータに圧縮して送信する等、横方向に映像を圧縮、映像受信側では圧縮情報の信号を検知して、元の16:9サイズに広げて映し出す。この手法のことを指す。DVDメディア等はこの手法を用いてプレイヤー側で自動調整を行う。元映像が16:9比率の場合で4:3の画面で視聴する場合には、レターボックス(映像上下に黒映像を入れて4:3比率にサイズ加工)が適用されることがある。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)