ノンドロップフレーム

 株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

映像編集の作業において1秒のfps(フレームレート)を30フレームとしてカウントする方式のこと。これに対して「ドロップフレーム」というものがあるが、こちらは1秒のfpsを29.97フレームとしてカウントする方式である。テレビ放送など、映像の総時間が決まっているものに対してはドロップフレームが使われ、細かい時間を気にする必要がない映画やプロモーションビデオなどではノンドロップフレームが使われている。

また、2カメ以上で撮影するインタビュー動画では編集で2カメの映像を同期させる必要があるため、ドロップフレームで収録されている。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)