ブルーレイディスク

 2019.10.30  株式会社ヒューマンセントリックス

DVDの規格。DVDと同じディスクサイズ、大きさでありながら、容量が大幅に増えたディスクのこと。通常のDVDの場合は、書込容量片面1層4.7GB、片面2層8.5GBになるが、ブルーレイディスクの場合は片面1層25GB、片面2層では50GBと5倍以上になる。また、ハイビジョンのテレビ映像はなどの録画や保存にも対応できる。青紫色レーザーでデータを読み取ることから「ブルーレイディスク」と呼ばれているが、英語表記だと「Blue-ray」ではなく「Blu-ray」となっている(eがない)。「Blue-ray Disc」とすると、英語圏では、「青色光(で読み取る)ディスク」を意味する一般名詞と解釈され、商標としての登録が認められない可能性があるため。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)